※先に上記の動画をご覧下さい↑↑ 

 

こんにちは、松井(まっつー)です。

 

これは、僕らがコンサル生のために作成したクライアント獲得アプローチメールです。

 

実際に僕らの大学生のコンサル生が30社に送り、4社から反応があり、

その中の2社と契約を結びました。

 

前金5万、成果報酬の1割などです。

 

そして、これからお伝えする内容で、

クライアントの獲得は普通にできるようになると思います。

 

また、これは永久に使えるアプローチ順になりますので、

ぜひじっくり読んでみてください。

 

いろいろと試して、ご自身で修正してもけっこうです。

 

ぜひ、クライアントを獲得に役立ててください。

 

また、どのような流れで案件獲得のアプローチをしているのか?

 

これをしっかり頭にいれれば、電話や対面などのリアルでも充分に通用する流れになっています。

 

メールだけでなくてもリアルなどの対面などや営業でも行えますので、是非やってみてください。

 

それでは実際にコンサル生が送ったメールの内容をすべて記載します。

 

メール文面(解説付き)

 

※赤文字は解説になっております。

 

件名:「〇〇(商品名・サービス名)」を拝見させて頂きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ぶっちゃけると件名がすべてです。

ここで興味を持たれないと、どんなに素晴らしいメール文を書いても意味がなくなってしまいます。

 

なので、開封した方が「なんだろうこれ」「開封しなきゃ」と思ってしまうような件名をつけましょう。

 

「難しそう・・・」と思ってしまいがちですがそんなことはなくて、

ここではアプローチ先の会社の商品の名前をだしておけばいいだけです。

 

アプローチ先の企業の人が、「お客さんかな?」と思って、開封してくれるので。

 

とにかく、

  • 見込み客かな?
  • 質問かな? 

と思わせるような件名をつけてください。

 

いたって普通の会社ならば、お客さんを放ってはおけないので、

読んでもらう確率がこれだけで数倍にアップします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

株式会社◯◯(企業名)

◯◯(担当者名) 様

 

はじめまして、

商品のレターを〇〇(ブログ・HPなどの媒体)で拝見した

〇〇(名前)と申します。

 

〇〇(商品名)について、

たくさんある商品の中でも○○(例えば学生)をターゲットに徹底しているところが一番特徴的でした。

 

商品を実際に購入したわけではありませんが、

レターに書いてある内容を拝見しますと、とても良い商品だと想像できました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その会社の商品を褒めましょう。

上記の文章ではアプローチ先の商品を、とにかく褒めて褒めて

褒めちぎってください。

 

人間の欲求の中で一番強いと言われる

「認められたい欲求」を刺激してあげてください。

 

人は自分を認めてくれる存在の人しか好きになりませんので。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私自身、以前に留学を経験した学生なのですが、このような留学・英語プログラムがあったらと考えるととても魅力を感じてしまいます。

 

しっかりマーケティングもできていますし、魅力的なので手に取りたいと考える方は絶対に多く存在しますし、過去の自分が見たら食いついているなとも感じます。

 

だからこそ、御社の商品の魅力に惹き付けられました。

 

本当に素晴らしいと思いました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分自身の体験を赤裸々にシェアします。

自分の体験とアプローチ先の商品やサービスとをリンクさせることで、

あなたの事が好きですと告白された気分にさせます。

 

出来るならアプローチ先のターゲットにしたい人を

装うことができると最強です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〇〇さまは、

本質を見極めた素晴らしいものを

提供されているのに、

同様の商材を販売している方たちは

やたらレターやバナー広告が派手だったりと、

本質から離れた商材の方たちが

〇〇売上ランキング上位!となっているのが腑に落ちません。

 

非常に残念です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

敵をつつきましょう

 

相手が思わず「そうそう!そうなんだよー」と 

頷いてしまう、アプローチ先の企業が悪いわけではない

他の誰かのせいになっていること「敵」をつついてください。

 

「この人わかってるなー」と思わせるのです。

共通の敵がいると、仲間意識が芽生えやすいという心理テクニックですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は1プロジェクトで数千万円の売上を上げる、

一流のマーケッターから指導を受け、学び、

商品の売り上げを

2倍、3倍、5倍へと引き上げるセールスコピーライターをしております。

 

もし、御社が今以上の売上を達成したいとお望みであれば、

精一杯お手伝いさせて頂きたく、ご連絡を差し上げました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

権威性を極限に高めましょう

 

ここでお伝えしている実績はコンサル生のものではなく、

僕らの実績です。

 

ただ、このコンサル生はまだ実績がなかったため、

信頼を高めるために使いました。

 

今回のような権威性は必ず使って下さい。

例)

累計2億2000万以上の売り上げ実績を誇る

一流コピーライターから学んでおります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

販売ページ改善による売上アップにご興味がありましたら、

是非ご連絡いただけますでしょうか。

 

まずは、私のコピー能力を見て頂くために、

〇〇さまの商品のキャッチコピーだけでも

書かせてください。 

 

キャッチコピーだけで売れるかどうかの7割が

決まると言われていますので、それだけで

数百万円の売り上げアップも可能でございます。

 

コピーライターとして、〇〇さまの商品に

関わりたいという気持ちですので、最初からお金を頂くつもりは一切ありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

断れないオファー

オファーがすべてです。

オファーが悪ければ反応もありません。

 

まずは無料で書きますのでジャッジしてください。

そこから判断して頂いて構いません。

と言われたら、

「この人どんだけ自信があるんだ?」

「凄い人だな!」

と勝手に思われます。

 

相手が断ったら勿体ないなと思う

オファーを投げかけて下さい。

例)

・相手のレターを添削した物をお渡しする

・在庫になっている物を売れるセールスメール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お気軽にご連絡頂ければと思います。

それでは、長々と失礼いたしました。

お力になれますと幸いです。

 

 

署名(自分の氏名を書く)

 

メール文面(コピペ用)

 

件名:「〇〇(商品名・サービス名)」を拝見させて頂きました。

 

株式会社◯◯(企業名)

◯◯(担当者名) 様

 

はじめまして、

商品のレターを〇〇(ブログ・HPなどの媒体)で拝見した

〇〇(名前)と申します。

 

〇〇(商品名)について、

たくさんある商品の中でも○○(例えば学生)をターゲットに徹底しているところが一番特徴的でした。

 

商品を実際に購入したわけではありませんが、

レターに書いてある内容を拝見しますと、とても良い商品だと想像できました。

 

私自身、以前に留学を経験した学生なのですが、このような留学・英語プログラムがあったらと考えるととても魅力を感じてしまいます。

 

しっかりマーケティングもできていますし、魅力的なので手に取りたいと考える方は絶対に多く存在しますし、過去の自分が見たら食いついているなとも感じます。

 

だからこそ、御社の商品の魅力に惹き付けられました。

 

本当に素晴らしいと思いました。

 

〇〇さまは、

本質を見極めた素晴らしいものを

提供されているのに、

同様の商材を販売している方たちは

やたらレターやバナー広告が派手だったりと、

本質から離れた商材の方たちが

〇〇売上ランキング上位!となっているのが腑に落ちません。

 

非常に残念です。

 

私は1プロジェクトで数千万円の売上を上げる、

一流のマーケッターから指導を受け、学び、

商品の売り上げを

2倍、3倍、5倍へと引き上げるセールスコピーライターをしております。

 

もし、御社が今以上の売上を達成したいとお望みであれば、

精一杯お手伝いさせて頂きたく、ご連絡を差し上げました。

 

販売ページ改善による売上アップにご興味がありましたら、

是非ご連絡いただけますでしょうか。

 

まずは、私のコピー能力を見て頂くために、

〇〇さまの商品のキャッチコピーだけでも

書かせてください。 

 

キャッチコピーだけで売れるかどうかの7割が

決まると言われていますので、それだけで

数百万円の売り上げアップも可能でございます。

 

コピーライターとして、〇〇さまの商品に

関わりたいという気持ちですので、最初からお金を頂くつもりは一切ありません。

 

お気軽にご連絡頂ければと思います。

それでは、長々と失礼いたしました。

お力になれますと幸いです。

 

 

署名(自分の氏名を書く)