優れたWebデザインの美容院ホームページを徹底解説します!

webデザイン

「優れたWebデザインの美容院のホームページとはどのようなものなのか?」

「今よりも集客力を向上するにはどうしたらよいだろうか?」

「美容院のホームページをどのように制作したら、売上げが上がるだろうか?」

この記事を読まれているあなたはこんなふうに思われているかも知れません。

 

そこで今回は、美容院のホームページの効用や、集客力を高めるWebデザインの方法などについて、徹底解説いたしましたのでぜひ参考にしてみてください。

 

美容院Webデザインにおける優れたホームページの例

まずは百聞は一見にしかずですので、人気のある美容院のホームページの例を見てみましょう。

ホットペッパービューティのような美容院のポータルサイトから飛んで、独自のホームページに移った途端にそこには別世界が展開されるのです。

 

美容院選びに迷っているユーザーに、感動さえ与えてくれる優れた美容院Webデザインの例を紹介します。

 

これから紹介するのは次の美容院のホームページです。

  • 美容室MILLOR
  • hair make ONE
  • ROSE
  • ラムネ
  • 大岡山美容室・ヘアサロンAeru-アエル-

これらについて詳細を説明していきます。

美容室MILLOR

引用元:美容室MILLOR

やはり美容院に求めるのは、おしゃれでスタイリッシュな雰囲気でしょう。

神奈川県川崎市の「美容室MILLOR」のWebデザインは美容院のWebデザインのお手本ともいえる素敵なセンスがアピールされています。

 

ホームページにアクセスすると、真っ白なキャンバスの中央に動いているものを発見します。

控えめなロゴが回転しているのですが、それが次の瞬間にハサミに変わり、美容師の七つ道具が集まって来るという変貌を遂げます。

このような奇抜なアイキャッチに続いて、ヘアスタイルの紹介がさりげなくおしゃれに展開され、続いて店内のスナップショットが紹介されます。

 

 

おしゃれで軽やかな雰囲気を保ちながらも、美容院の雰囲気をしっかりと画像でアピールしている点が優れていると言えましょう。

 

hair make ONE

 引用元:hair make ONE

やはりおしゃれで素敵なアイキャッチを狙って成功しているのが「hair make ONE」のWebデザインです。

hair make ONEのWebサイトへ入ると、息をつく暇もなくたくさんのヘアデザインが紹介されます。

まるでヘアデザインのシャワーを浴びているみたいですが、ここでもうhair make ONEの魅力のマジックに捕えられてしまいます。

 

ひととおりヘアデザインのめまぐるしい画像紹介が終わると、打って変わってモノトーンの静止画像となり落ち着いた雰囲気に包まれます。

そしてここからは、ユーザーの選択によって店舗紹介やサービスの詳細についての各サイトへ誘導されます。

 

 

hair make ONEは横浜、茅ヶ崎、大船などの神奈川県が中心のヘアサロンで、神奈川県に5店舗ありその他には沖縄とマレーシアのクアラルンプールもあります。

それぞれの店舗の紹介がおしゃれな美しい写真で紹介されています。

 

最初のアイキャッチで見る人を魅了してしまい、その後でじっくりと各店舗を紹介していくというユーザー視点をよく研究したWebデザインとなっています。

 

ROSE

引用元:ROSE

アイキャッチの女性モデルは、もの想いにふけったような表情で、物語の始まりを予感させるようなスタートです。

次に三重県鈴鹿市にある美容院「ROSE」のコンセプトの説明がされますが、ここで「女の子のステキと、女性の素敵をデザインする」というロゴによくマッチしたデザインが用いられています。

 

 

続いてスタッフ紹介やメニューなどの知りたい情報もきっちりと説明されていますが、スタッフ紹介も写真があるだけのところにマウスを当てると詳細情報が現われるというしかけになっています。

さらにこの美容院のWebデザインが優れているのは、おすすめのカットスタイルをInstagramのギャラリーとして紹介している点です。

 

 

全体的に落ち着いた雰囲気で、しかも女性目線でデザインされており統一感があるところが優れたWebデザインだと言えるでしょう。

 

ラムネ

引用元:ラムネ

アイキャッチに工夫を凝らしているのが、「ラムネ」です。

ここは京都市上京区にある美容院なのですが、ホームページに入るとしばらく何が始まるのだろうかと待たされる時間があります。

しかし一旦ローディングが終わると、思いがけない展開にびっくりするでしょう。

まさにおしゃれで遊び心満載のホームページで、つかみは十分成功しています。

 

 

美容院「ラムネ」のホームページで優れている点は、BLOGを設けていることです。

もちろんブログは、内容が充実しているのが望ましいのですが、少なくともブログで美容院ラムネを時々刻々と発信していこうという姿勢は評価されます。

 

 

その他、スタッフ紹介やメニュー、ヘアカットのスタイリングなどを丁寧にかつおしゃれに紹介している点に好感が持てる優れたWebデザインです。

 

大岡山美容室・ヘアサロンAeru-アエル-

引用元:AERU-アエル-

動きの多いアイキャッチに慣れてしまうと、「ヘアサロンAeru-アエル-」は物足りなく思うかも知れません。

しかしアイキャッチは所詮、最初の一瞬の「つかみ」ですので、ホームページを訪れた人が直帰(すぐそのサイトを離れてしまうこと)しなければ良いのです。

 

その点Aeru-アエル-は、ユーザー視点で知りたい情報にすぐたどり着けるような誘導がうまくできています。

さらに店内の雰囲気を最大限伝えようとする努力が伝わってくるので、安心して予約できるように誘導している優れたWebデザインと言えましょう。

 

 

東京の目黒区大岡山にあるヘアサロンAeru-アエル-は、親しみやすさを第一にしている美容院です。

スタッフの表情も親しみ易いので、ユーザーはほっとするでしょう。

ちなみにこのサイトにはブログもついているので、より親しみが湧いてくるはずです。

 

美容院の優れたホームページとは?

ここまでに優れた美容院のホームページのWebデザインの例を5つ見て来ました。

これらの優れたWebデザインに共通しているポイントを説明します。

 

アイキャッチ

美容院の集客と言えば、第一義的にはホットペッパービューティなどの「美容ポータルサイト」となるのが一般的です。

しかも自前のホームページを持たず、ホットペッパービューティ頼みの美容院も少なくありません。

 

地域に競合が少ないという地の利があるならばともかく、競合がひしめくエリアに立地しているとすればホットペッパービューティだけが集客手段ならばクーポン券の力に頼るしかありません。

そこで差別化を図るとすれば、自前のホームページを持ちしかもユーザーからアクセスしてもらい、十分にサイトを見てもらうことです。

そこで力を発揮するのはアイキャッチです。

 

美容院というある意味「夢」を売り物にする商売であれば、アイキャッチもおしゃれで魅力的でなければなりません。

 

不安を取り除く情報提供

ユーザーはとりあえずはホットペッパービューティなどの美容ポータルサイトを訪問しますが、ここに掲載されている情報だけでは正直不安になります。

というのは、お店の雰囲気がどのようになっているのか、料金メニューの詳細はどうなのか、スタイリストはどのような人がいるのかなどがホットペッパービューティだけではイメージできないからです。

 

したがって実際にユーザーがお店を選ぶためにはこれらの不確実な情報を提供して、安心してもらう必要があります。

おしゃれなサイトの提供だけではなく、ユーザーが気にしている点はきちんとしかも丁寧に画像や言葉で説明してあるのが優れたホームページなのです。

 

親密感の醸成

いかにスペックが良くても、実際にユーザーが選ぶのは親しみを感じる美容院です。

気取りすぎているイメージだと、逆に近寄り難い雰囲気が出てしまいます。

 

美容院Webデザインでは、全体としてはおしゃれなイメージを保ちながらも、ユーザーが訪問してみたいと思わせる親近感を醸し出していなければなりません。

優れた美容院のWebデザインは、どこか親しみやすい印象が感じられる作りになっています。

 

美容院のWebデザインにこだわることによって得られる力

 

美容院のホームページの役割は、美容ポータルサイトの補完だけではありません。

実はホームページには次のような隠れた力があるのです。

この力を最大限有効利用できるようなWebデザインとするのも優れたホームページの役割です。

 

信用力が高まる

ホットペッパービューティに掲載されているだけではなく、きちんと自前のホームページが存在すれば、信用力が高まります。

したがって逆に言えばWebデザインは、信用を高めるような作りになっていなければなりません。

誠実に作られた自前のホームページを見れば、ユーザーの心に信用が宿るはずです。

 

ブログつきならば広告費が減らせる

美容院のホームページにブログがついていれば、さまざまな話題を提供することができ、その中のキーワードがGoogle検索にヒットする確率も高まります。

定期的に内容の充実したブログを更新していれば、広告を新たに打つ以上の影響力を及ぼします。

ブログを的確に運用して、広告費を補完できるようにしましょう。

 

SNSのサービス終了の危険を防げる

広告をSNSだけに頼っていると、そのSNSサービスが終了した際には、一切の広報手段を絶たれることになります。

美容院独自のホームページがあれば、いつまででも発信が可能ですし、これまでの情報の蓄積も守れます。

 

美容院のホームページ制作上の重要ポイント

 

優れた美容院のWebデザインのために忘れてはならないポイントがあります。

 

写真素材に注意を払う

アイキャッチを始めとして、ホームページのWebデザインにはたくさんの写真素材や動画を使用します。

これらの素材は、ユーザーから見ればひとつ一つがお店を知るための大切な情報となります。

したがって写真素材の選定には細心の注意が必要でしょう。

 

スマホ対応

ユーザーの80%はスマホで見てお店を決定していると言われています。

したがって美容院のホームページはスマホ対応ができていることが必須となります。

アイキャッチ画面もスマホで見てしっくりくるような作りになっていないと、その先を見てもらえなくなる怖れも考慮しておくことです。

さらにあまり細かい説明が文字で書かれているのも、スマホからアクセスする際には嫌われてしまうでしょう。

 

心に響く短いフレーズで、美容院の雰囲気をうまく伝えるのがスマホでのアクセスを計算に入れた優れたホームページなのです。

 

来店予約への自然な誘導

美容院のWebデザインは最終的にコンバージョンつまり「予約獲得」ができてこそ優れたものと言えます。

気を付けたいのはせっかくムードが良かったのに、予約案内の登場の仕方でえげつないそぶりが出て来ると、一気に気分が盛り下がり、サイトを離れられてしまうことです。

このあたりの自然な誘導で参考となるのは、前出の「ROSE」です。

 

 

上のホームページ画像のように、タブをひとつ一つ見ていくと最後に「RESERVE」のタブがあり、ここをクリックすると意外な展開を見ます。

 

引用元:ROSE

一応予約サイトに飛ぶのですが、そこには「クーポン」があり割引価格で予約ができるというのです。

これは意外性があり、かつお得感もあるのでうまい誘導の仕方と言えます。

なお、あまり目立たないようにしようと思う余り、予約のボタンが探しにくいというのも逆効果ですので、その点は注意が必要です。

 

おしゃれ第一主義の落とし穴

 

美容院のホームページは、凝った作りにすればそれだけ人気が出るのかと言えばそうでもありません。

Webデザインは、スマホやパソコン上での使い勝手によって評価が左右されるところが大きいのです。

 

見た目が良いほうが成功するのだろうか?

ビジュアルを重視して、動画やアニメーションなどがふんだんに使われていれば、たいへん見応えのある印象的なホームページができあがります。

それはそれで話題になるかもしれません。

 

しかし美容院のホームページはミュージックビデオではないのです。

それを見ている間楽しめても、その美容院に関する基本的な情報や不安感を払拭する情報が伝わらなければユーザーの心は動かせません。

 

見た目の水準は高めに設定するのは譲れないラインなのですが、美容院のWebデザインは見た目だけに留まらない働きを、十分にこなしてくれることがさらに重要となります。

 

ユーザビリティは大切

優れたホームページは、アクセスしてからのユーザビリティの使い勝手が良いほうが好まれます。

必要な情報がサクサクと入手できるような作りになっており、さらに料金やメニューもきちんと明確に確認できるほうが喜ばれ、評価も高まります。

 

どんなに凝った作りでも、データサイズが大きすぎてスマホでスムーズに閲覧できないというのでは失格です。

 

また、予約についても簡単に予約方法がわかり、さらに操作も簡単であることが大切です。

 

まとめ

 

美容院を選ぼうとしているユーザーは、まずはホットペッパービューティのような美容ポータルサイトにアクセスします。

しかし2、3の候補に絞ったらその先は、美容院のホームページを見て検討するという行動をします。

 

ホームページはないよりはあった方が良いのですが、もしも競合がひしめくエリアにある美容院ならば競合に打ち勝つようなサイトを用意しておく必要があります。

優秀な美容院のWebデザインは、ホットペッパービューティだけでは知り得ない情報でユーザーが是非とも知っておきたいものを、イメージよく提供できるところになります。

 

ホームページのできが良ければ、集客力に於いてライバルに大きなアドバンテージを得ることになります。

この記事で挙げたような注意点をクリアすれば、優れたホームページができて集客力も飛躍的に高まるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました