デザイナーがヘッドハンティングされたら?注意すべき点を徹底解説!

デザイナー

「ヘッドハンティングをされたが、受けるべき?」

「どのような流れでヘッドハンティングが行われるの?」

「注意すべき点はある?」

 

この記事を読まれているあなたは、そんなことを思っているかもしれません。

 

そこで、今回は、ヘッドハンティングを受けたときに気を付けるべきポイントやヘッドハンティングの流れについて徹底解説しましたので、ご覧ください

 

デザイナーにもヘッドハンティングはある!

 

デザイナーはフリーランスで活動している人も多く、一般のサラリーマンと比べてヘッドハンティングを受けるイメージが少ないかもしれません。

 

しかし、デザイナーであってもヘッドハンティングを受けて転職したという人は結構います

 

そもそもヘッドハンティングとは、企業が他の企業に勤めている優秀な人材を自社に引き入れるためにスカウトを行うことを指します。

 

ヘッドハンティング・・・企業が他の企業に勤めている優秀な人材を自社に引き入れるためにスカウトを行うこと。

 

現在は社内改革や人事戦略を進めるために行われることが多いですが、本来は求人広告を出しただけでは獲得することができない人材を見つけることが目的でした。

 

デザイナーの場合は後者の目的を果たすために行われることが多いと言われています。

また、優秀な人材だけでなく、プロジェクトのコンセプトにあった人材を自分の会社に引き入れようとヘッドハンティングが行われる場合もあります。

 

ヘッドハンティングを受けることは、自分のキャリアアップや転機となる場合が多いため、ポジティブな印象を持つ方が多いですが、注意しなければ後の後悔につながってしまうこともあります

 

ヘッドハンティングを受けたときは、自分にとってプラスな機会となるように、注意すべきポイントを押さえてじっくり考えるようにしましょう。

 

ヘッドハンティングを受けたときに注意すべき5つのポイント

 

ヘッドハンティングを受けたとき、自分を選んでくれたことが嬉しくて安易に返事をしてしまいがちです。

しかし、いくつかの点を注意していないと「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまうこともあります。

 

注意すべきポイントとして、以下の5つのポイントがあります。

  • 信頼できるヘッドハンターか
  • 仕事内容や給与・待遇を明確にしておく
  • あくまで自分が転職先を「選ぶ」立場であると自覚する
  • すぐに転職を決めない
  • 悩んでいるときは第三者に相談する

 

注意すべきポイントを押さえて、後悔のない選択をしましょう。

 

信頼できるヘッドハンターか

 

ヘッドハンティングをしてきた相手が、信頼できる人物かどうか見極めることはとても大切です。

中には、ヘッドハンターを名乗った転職エージェント人材紹介会社が、自己の利益のために声をかけてくることもあります。

 

信頼できるヘッドハンターか見極めるためには、ヘッドハンターに自身のことをどのくらい知っているか質問するとよいでしょう

 

本当のヘッドハンターであれば、事前にあなたのことをしっかり調査して連絡しているはずです。

 

「どのような理由でヘッドハンティングをしているのか」「自分のことをどこで知ったか」

などいくつか質問して、しっかり答えられない場合や様子がおかしいと感じた場合は、安易に信用しないようにしましょう。

 

仕事内容や給与・待遇を明確にしておく

 

ヘッドハンティングをされたことで、自分への待遇や給与が良いものであると確信してしまう人や舞い上がって条件をよく確認せずに同意してしまう人も少なくありません。

 

しかし、待遇や給与などを事前に確認しておかないと、後々のトラブルや後悔につながりかねません。

また、自分にとって好条件だった場合にも注意が必要です。

好待遇であるということは、それだけ自分に求められているスキルや期待値が高いということでもあります。

 

その場合、転職後にプレッシャーに耐えられず、体調を崩してしまったり、早期退職に追い込まれる場合も少なくありません。

 

事前に調べた結果、悪条件だった場合は断ればよいですが、好条件であった場合にもなぜ好条件なのか理由を確認するようにしましょう

 

あくまで自分が転職先を「選ぶ」立場であることを忘れない

 

ヘッドハンティングされたときに、特に初めてヘッドハンティングされた場合、ヘッドハンターとのやり取りの中で自分が受け身になってしまいがちです。

相手にいわれるがままに個人情報を渡してしまうこともあります。

 

しかし、ずっと受け身の姿勢でいるとヘッドハンター側に有利な条件で手続きが進められてしまうこともあります

そのため、あくまで自分主導で物事が進んでいて自分が「選ぶ」立場にいることを自覚し、相手の言われるがままに個人情報を渡してしまうということがないようにしましょう。

 

履歴書などの個人情報は、先方と何度かやりとりし、信頼できる相手だと思えたら相手に伝えるようにするとよいかもしれません。

 

すぐに退職を決めない

 

信用できるヘッドハンターであると確信し、待遇や給与にも納得したとしても、今勤めている会社をすぐに退職するということは避けたほうが賢明です。

 

たとえ、転職する方向でものごとが進んでいたとしても、ヘッドハンティングをされて数回面談したという段階では、契約が確約されていません

 

はやとちりして無職になってしまったということがないように、転職先での契約条件がしっかり整ってから、現在勤めている会社を退職するようにしましょう。

 

悩んでいるときは第三者に相談する

 

ヘッドハンティングをされて、転職しようか断るか迷っている場合は、第三者に相談すると良いでしょう。

 

友人や家族に相談することも大切ですが、転職のプロであるキャリアコンシェルジュなどに相談するとより専門的な角度からアドバイスをもらうことができます。

キャリアコンシェルジュは、これまでさまざまなパターンの転職に関わってきているので、客観的かつ的確なアドバイスをくれることが多いです。

 

ヘッドハンターに相談してしまうと、必ずと言っていいほど転職を進められるので、できればヘッドハンターには相談しない方が良いでしょう。

 

ヘッドハンティングの流れ

 

ヘッドハンティングは、①接触 ②面談 ③面接 ④内定決定 の大きく4つの流れで進みます。

 

ヘッドハンティングをされてから転職するまでにかかる期間は、平均1~3か月と言われています。

大まかな流れを把握して、余裕をもって見通しの立てられるようにしましょう。

 

①ヘッドハンターとの接触

 

まず初めに、ヘッドハンターから電話ないしメールで連絡が来ます。

FacebookなどのSNSに登録されているメールアドレスや、「知り合いから連絡先を聞いた」といって電話番号あてに連絡が来ることが多いです。

 

接触の時点では、扱う求人内容の情報漏洩を防ぐため、企業名などの詳細を明かさないことがほとんどです。

1度話しただけでは信用できる相手か見極めることは難しいので、ヘッドハンターから個人情報などを求められても、容易に教えないようにしましょう。

 

②ヘッドハンターとの面談

 

ヘッドハンターの連絡に興味を持った場合、後日面談が行われることが多いです。
面談の際に、ヘッドハンターはあなたが企業に紹介して大丈夫な人材か確認しています。

特に転職の希望が強い場合は、真摯な態度で臨むようにしましょう。

 

このときに、初めて企業の詳細を知ることになりますが、あらかじめ確認したい事項(給与や雇用形態など)は書き出しておいて質問できるようにしておくと良いです

 

また、現在勤めている企業への不満や機密情報などを話すのは、信用をなくしてしまうので控えるようにしましょう。

 

③企業との面接

 

本格的に転職の意思を固めた後は、企業との面接が行われます。

 

面接は、基本的に一般の転職の面接の内容と違いはありません。

場合によっては、ヘッドハンターが同席する場合もあるそうです。

 

ヘッドハンティングされたからといって、この時点で契約が確定しているわけではないので、気を抜かず、しっかりとした身なり・態度で臨むようにしましょう。

 

④内定決定

 

面接が終わり内定が決定したら、給与など待遇面の確認・交渉に進みます。

基本的には、企業と自分の間で直接確認や交渉を行いますが、場合によってはヘッドハンターが間に入り条件交渉をする場合もあります。

 

後に後悔しないように、この時点で待遇や給与面の確認は徹底するようにしましょう。

気持ちよく新生活のスタートを切るためにも、双方が納得できるように妥協しないことが大切です。

 

ヘッドハンティングによる転職はリスクが低い?

 

ヘッドハンティングは、普通の転職に比べてリスクが低いと言われています。

直接企業からスカウトが来ている状態なので、自分から応募するよりはリスクが低いのは一目瞭然ですよね。

 

しかし、その他にもリスクが低いと言われている理由がいくつかありますので、ご紹介します。

 

ヘッドハンティングの場合、選考は行われない

 

ヘッドハンティングは企業側から入社を促す行為であるため、通常の転職プロセスのような形式的な質問をされることはほとんどありません。

採用に至るまでに面接がおこなわれることがほとんどですが、採用するか否かというよりは採用して大丈夫な人材かどうか最終確認をするために行われています。

 

ヘッドハンティングをする時点で、企業はあなたのことをある程度知っていますので、選考を行っているとすればヘッドハンティングをする前の時点で選考が行われているといえます。

 

冷静にクライアントを見極めることができる

 

ヘッドハンティングは、その性質上、あなたの転職意欲に関わらず行われるものです。

必ず転職しなければならないというものではないので、冷静に人生の選択肢として「転職」と「現職」を吟味することができます。

 

また、慎重に見極めることができれば、自分の選択に後悔しにくくなります。

たとえ現職に留まる選択をしたとしても、自らの会社を客観視したからこそ現職の良さを再認識できるので、決して無駄な経験にはなりません。

 

ヘッドハンティングを受けるにはどうすればいい?

 

転職リスクが少ないことなどから、ヘッドハンティングを受けたいと思っているデザイナーのも多いのではないでしょうか。

 

そこで本項では、ヘッドハンティングを受ける確率を上げる方法をご紹介します。

 

ポートフォリオサイトを作成する

 

ヘッドハンティングを受けるには、まず自分がどんなデザイナーなのか知ってもらう必要があります。

 

自分の個性や仕事へ向き合う姿勢を知ってもらう最も手っ取り早い方法は、ポートフォリオを作ることです。

 

ポートフォリオとは、自分の実績や作品をまとめた作品集のようなものです。

自分の作品が、企業のプロジェクトのイメージに当てはまっていたり、クライアントが才能を認めてくれればヘッドハンティングを受ける可能性が上がります。

 

現在は、WEB上でポートフォリオサイトなどを作ることで簡単に全世界の人に自分の作品を見てもらうことができるので、自分の活躍の場を広げたいと思っている方は作成することをおすすめします。

 

SNSで発信する

 

先ほど紹介したポートフォリオと共通する部分でもありますが、仕事の依頼を得るためには自分の作品をなるべく多くの人に知ってもらうことが大切です。

 

ポートフォリオと並んで、InstagramなどのSNSで自分の作品や理念を発信することはより多くの人に自分のことを知ってもらういい機会です。

 

また、SNSを通じて知りあった人から直接オファーを受けることもあり、人脈を広げることもヘッドハンティングを受けるためには大切な要素です。

 

デザイナーの採用ならヘッドハンティング!【クライアント向け】

 

日本国内のデザイナー人口は、全体の約0.25%と少ないです。

また、業務の多様化により1人ひとりの負担が増え、労働環境が良いとは言えないことから、デザイナーの採用は非常に厳しくなっています。

 

デザイナーの採用を成功させる方法として、以下のものがあります。

 

・クリエイターに特化した求人媒体で募集する

「マイナビクリエイター」や「MOREWORKS」などの求人媒体を利用する

 

・ダイレクトリクルーティング

→「Wantedly」などのスカウトサイトを利用し、企業が個人に直接コンタクトを取り、採用の交渉を行うこと。

 

・業務委託契約(リモート)

SNSやクラウドソーシングを通じてコンタクトを取る

 

・外国人デザイナーの採用を視野に入れる

→ただし、ビザ取得やコミュニケーションの問題などのデメリットもあり

 

・ヘッドハンティング

→ヘッドハンターを通して優秀な人材をスカウトする

 

中でもおすすめな方法が、「ヘッドハンティング」です。

 

ヘッドハンティングは、募集をかけるよりもピンポイントで優秀な人材を見つけることができる方法です。

 

また、ヘッドハンターに依頼すれば、適切な人材を探して交渉まで行ってくれるケースもあるので、多忙な人でも効率よく採用活動を行うことができます。

 

そのため、クライアント目線で考えても、ヘッドハンティングは良い方法といえます。

 

まとめ

 

今回は、デザイナーがヘッドハンティングを受けたときの注意点や流れについて、

 

デザイナーにもヘッドハンティングはある
・ヘッドハンティングを受けたときは、慎重に詳細を見極める必要がある
・ヘッドハンティングを受けるには、自分を発信することが大切
・クライアントが採用する方法としてヘッドハンティングは最適
以上のことについて解説しました。
注意すべきポイントを押さえれば、自分にとって良い経験となるのがヘッドハンティングですので、ヘッドハンティングを受けたときは、以上の点を踏まえて慎重に考えるようにしましょう!

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました