憧れていたデザイナーの理想と現実のギャップに気付いたら?

デザイナー

「Webデザイナーに憧れているのだけれど、現実はどうなのかな?」

「グラフィックデザイナーってカッコイイよね!でも現実もその通りかな?」

「ファッションデザイナーって超カッコイイ!あこがれちゃうけど、現実も見てみたい?」

この記事を読まれているあなたはこんなふうに思われているかも知れません。

 

そこで今回は、デザイナーの現実の姿について、徹底解説しましたのでぜひ参考にしてみてください。

Webデザイナーの現実とは

Webデザイナーはコンピューターとデザインの2つの要素を持っており、志望者の多い職業ですが現実はどうなのでしょうか?

残業が多い

Webデザイナーはクライアントの要求に応えるためにWebサイトを制作するのですが、一人で取り組む以外にもチームで大きなプロジェクトに対応することもあります。

しかも締め切りが設定されているので、追い込み時期には毎日残業は当たり前で、休みも返上して出勤しなければならないこともあります。

 

給料が安い

Webデザイナーの年収は300万円から400万円です。
ちなみにDODA調査(2018年)のWebデザイナーの平均年収は357万円となっています。

 

残業が多くて毎日大変な思いをしていることを考慮すれば、この給与水準は低いと愚痴を言いたくなるでしょう。

 

厳しい目標がある

WebデザイナーはWebサイトを作ればそれでおしまいというわけにはいきません。

たとえクライアントが合格点を出してくれたWebデザインでも、そこがゴールではないのです。

 

Webデザインはアートではなく、商業デザインとなります。

 

1ヶ月や3ヶ月の期限を区切って、その間にWebサイトを通してユーザーが申し込んでくれた件数のアップ率など、Webデザインによる効果が具体的に検証されます。

クライアントによっては、「必達目標」というような厳しい目標数字の設定が課されていることもあります。

 

このような検証に絶えられなければ、いずれクライアントから契約を切られてしまうかも知れません。

Webデザイナーは、IT関連ゆえに成果が具体的数字で出てしまうという、厳しい現実に立たされているのです。

 

なり手が多い

Webデザイナーに憧れる若者は依然として多く、Webスクールからは毎年大勢の卒業生が誕生しています。

それ以外にも、独学でWebデザイナーを目指して勉強をし、資格を取ってポートフォリオを携えてWebデザイン企業の求人募集に臨む人も後を絶ちません。

 

このような需給環境にあるので、企業側からすればあなたの代わりの人はいくらでもいるという見方になってしまいます。

 

業務範囲が広い

Webデザイナーは単に言われた通りのWebサイトを作っていればそれで良いというわけではないのです。

まずはクライアントとの打ち合わせでWebデザインのコンセプトを形成しなければなりません。

一旦決定しても、その後何度か打ち合わせをして変更を余儀なくされることもあります。

 

クライアントに認められるWebサイトを作成するためには、レイアウトを1ピクセル単位で修正したり、配色をあれこれと入れ替える地味な作業を延々と続ける必要があります。

 

さらに効果的なWebサイトの作成のためには、フロントエンドのスキルも必要になってきます。

つまりHTML/CSSのコーディングスキルやJavaScriptなどのプログラミングスキルが要求されます。

また、より良いWebサイトの構築のためにはマーケティングの知識や経験を磨くことが要求され、クライアントとの打ち合わせの場でもその能力の発揮が必要です。

 

トレンドと技術革新の変化が激しい

一昔前のWebサイトを見ると、愕然とするほど古めかしいものに見えるでしょう。

これは、Webデザインのトレンドがめまぐるしく変化していくからです。

 

さらに、Webデザインの技術革新も日進月歩で、毎日のように自習をして追いついていかなければなりません。

 

Webデザイナーは最初に得た知識とスキルだけでは職業人として生きていけないのです。

この点、Webデザイナーを目指す人は一生勉強を続ける覚悟が必要です。

 

グラフィックデザイナーの現実とは

それでは続いてグラフィックデザイナーの現実について見てみましょう。

グラフィックデザイナーにも憧れる人が多数いる、人気の職業です。

仕事時間に対して給料が割に合わない

グラフィックデザイナーは専門的な知識やスキルを要求される専門職ですが、平均年収は一般的なサラリーマンと大差ありません。

 

DODAの調査(2017年)のグラフィックデザイナーの平均年収は332万円で、クリエイティブ職種全体の380万円よりも低めとなっています。

 

なお、グラフィックデザイナーは年俸契約が多いので、残業代が就かない企業も多いです。

締め切り前には長時間の残業および休日出勤が当然となり、あまりの労働条件の悪さに「割に合わない」と愚痴をこぼす人も多いです。

 

修正を繰り返す仕事

制作に入る前にはクライアントにプレゼンテーションをし、OKが出るまでは企画案を何度でも修正するのを繰り返します。

 

その後OKが出たら制作を開始しますが、アートディレクターなどから駄目出しがあると修正を繰り返したり、一からデザインをやり直すこともしょっちゅうです。

 

さらに痛いのが、クライアントの意向で企画自体が白紙に戻ることもあるのです。

このようなダメ出しにいちいちショックを受けない人でなければ務まりません。

 

何も無いところから産み出す苦しみ

グラフィックデザイナーはクリエイティブな仕事ですが、それゆえの苦しみがあります。

 

何も無いところからアイデアを出して作品を産み出さなければならないのですが、これがかなりキツい仕事です。

 

しかも与えられたコンセプトに沿ったデザインでなければいけません。

まさに自分の持てるものを総動員してアイデアや創造力を駆使しなければ作品が制作できません。

 

リテラシーの無いクライアントの無理難題

グラフィックデザンの仕事においてもクライアントの意向は絶対です。

そのためクライアントにそっぽを向かれたらもう仕事が来ないものと覚悟をしなければならないでしょう。

だからクライアントの言うことは甘んじて受け入れるようになっているのが一般的です。

 

ところがクライアントにグラフィックデザインに関してのリテラシーが欠如している場合は、かなり理不尽なことを言って来ます。

 

難しいことでもそれが理にかなっていれば、なんとしてでもそれを遂行しようと思えますが、そもそも無茶苦茶な要求だったら、頑張ろうという気力も萎えてしまいます。

 

アイデアの枯渇

グラフィックデザインの仕事は一つ一つ異なるクリエイティブなものです。

毎回自分の全精力を注ぎ込んで作品を作って行きますが、どう頑張ってもアイデアが出て来ないことがあります。

 

クリエイターにとっては、このようなアイデアの枯渇が最も恐ろしいことで、命取りにもなります。

なんとかアイデアが出て来た時にはほっとしますが、寿命が何年も縮まった思いがするものです。

 

自分の好み以外もデザインしないといけない

プロのクリエイターである以上は、自分のやりたくない分野のグラフィックデザインも手掛けなければなりません。

 

グラフィックデザイナーといえども人間ですので、気乗りがしない対象のアイデアを出そうとしても、なかなか出て来ません。

 

さらに一つの作品を仕上げるまでにはかなりの時間と労力を要します。

自分のやりたくない分野の場合は、グラフィックデザイナーになったことを嘆くこともあります。

 

ファッションデザイナーの現実とは

最後は誰でもおしゃれで華やかだと信じて疑わない「ファッションデザイナー」の現実を見てみましょう。

圧倒的な残業の多さ

ファッションデザイナーは、机に向かってスケッチブックにデザイン画を描いていればよいというものではありません。

単に洋服のデザインをするだけではダメで、それが売れるデザインでなければ意味がありません。

 

そのため何度もデザイン画を書き直す作業が必要です。
また、商品のコンセプトの考案や生地の選定、サンプル商品の試作までかなりの労力を要します。

 

さらに他のデザイナーとの競争もあるので、日付が変わってからでなければ帰宅できないこともよくあります。

 

展示会などで土日は仕事が多い

ファッションデザイナーである以上、ファッションショーやドレスの展示会には毎回出席しなければなりません。

 

ところが、ショーや展示会というのは土日に開催されることが多いのです。

 

このため、イベントがある週は前日まで残業づくめで、イベント当日が土日でも休めない状態になってしまいます。

 

地味なデスクワークが多い

ファッションデザイナーとして名が売れている人以外は、アパレル業界の裏方の仕事と言ってよいでしょう。

デザイン画を描いている時間は余り取れずに、商品の企画やテキスタイルの選定、原価計算などの地味なデスクワークが多いのです。

 

失敗から学ぶメンタルの強さが必要

ファッションデザイナーはファッションショーに出品するドレスをデザインするのがメインの仕事ではありません。

 

あくまでも商業ベースで売れる洋服をデザインしなければならないのです。

 

ところが予想に反してかなり売れ残ってしまったり、全く売れない商品が出てしまうことがあります。

このようなときには、どこが悪かったのかを分析して次に繋げなければいけませんが、失敗に向き合って改善策を練るというのはメンタル的に強くなければできません。

 

自分の意に反したデザインも手掛ける

ファッションデザイナーは自分の作りたい物だけを作っていられるわけではありません。

 

ファッションデザイナーは商業デザイナーなので、売れる洋服をデザインしなければ役に立たないのです。

 

また時には自分の意に反したデザインの洋服を依頼されることもあります。

反対にもし自分の作りたいデザインの洋服を作っても、売れなかったら責任を追及されてしまうのです。

自分の好きなデザインを作っているのはファッションデザイナーではなくて、アーチストなのです。

 

苦労したデザインなのにあっけなく却下も

何度も企画案を練り直しデザイン画を何枚も書き直して制作したデザインも、上級者によってあっけなく却下されてしまうこともあります。

こんな時はしばらく放心状態になってしまいますが、これを何度も乗り越えて行ってこそ一人前のファッションデザイナーになれるのです。

 

憧れの「デザイナー」という仕事

「デザイナー」という言葉の響きには、人を魅了するものがあります。

デザイナーの仕事は泥臭い仕事とは無縁の、華麗でオシャレな世界のように思えてくるでしょう。

 

どうしてデザイナーに憧れる人が多いのでしょうか?

 

何故「デザイナー」に憧れているのか?

世の中にはデザイナーと名の付く職業は数々ありますが、それらの職業に憧れている人たちの理由はだいたい次のようなものです。

 

・クリエイティブなひとたちと一緒に仕事ができる。
・デザインが大好きなのでそれで飯が食えるのなら最高!
・いつもオシャレな環境で仕事ができるなんてカッコイイ!
・デザインだけしていれば良いのだろうから楽そうだ。
ところがこれは憧れが生んだ希望的観測なのです。
「Webデザイナー」、「グラフィックデザイナー」、「ファッションデザイナー」の現実については既に記した通りとなります。

 

デザイナーを辞めたいと思う理由

Webデザイナーでもグラフィックデザイナーまたはファッションデザイナーにしても、辞めたいと思うことがあります。

どのような理由で辞めたいと思うのでしょうか?

 

自分のセンスに自信が持てない

クリエイターとしては最も痛いところですが、自分のデザインのセンスに自信が持てなくなったら、この先続けていっても無駄ではないかと思ってしまうでしょう。

 

センスに自信がもてなくなるというのは、自分がデザインしたものに対する周囲の評価が低い場合です。

 

苦労して制作したデザインが、毎回毎回評価が低ければ心も折れてしまうでしょう。

 

労働時間が長すぎるから

3つのデザイナーどれにも当てはまりますが、いずれも残業時間が長く激務です。

しかもデザイナーの宿命として、自分のスキルを高めるための勉強やトレーニングをする時間を確保しなければなりません。

すると全くプライベートな時間が取れなくなって、生活のバランスを崩してしまう人も出て来ます。

 

給料が安いから

3つのデザイナーに言えることですが、いずれの職業も作品を制作するために投入した時間や労力に比べると明らかに給料が少ないと言われています。

全体の額が少ないというだけではなく、「割に合わない」という点が不満の原因となって辞めたくなるのです。

 

やりたかった仕事ではないことに気が付いたから

実際に仕事をしてみて理想と現実との落差に直面して、「こんなはずではなかった」と悔やんで、もはや仕事を続けていく気力がなくなってしまったというケースです。

単にクリエイティブだからとか、カッコイイとかおしゃれだとかいう理由では選択してはいけなかったのかも知れません。

 

デザイナーを辞めずに良かったケース

デザイナーを辞めたいと思う人がいる一方、デザイナー自体は辞めずに他の方法で解決した人の例もあります。

転職がうまくいった

自分がデザイナーとして所属していた企業や事務所では切実な思いをして、仕事がいやになっていた人でも、転職エージェントに相談し転職した結果、ハッピーになったというケースです。

 

デザイナーの環境は所属している企業や事務所によって大きく変わることがあります。

 

特に自分との相性については、労働環境を大きく左右します。

自分はデザイナーに向かないと言って辞めてしまう前に、エージェントに相談してみるのも有効な解決策です。

 

フリーランスになってうまくいった

実力はあるのに上級者から便利に使われて消耗してしまう人もいます。

こういう人は企業や事務所で下働きに使われているよりも、いっそのことフリーランスとなって実力勝負に出たほうがうまくいく場合があるのです。

 

フリーランスで成功している人の中には年収1000万円を超えている人もいます。

まとめ

Webデザイナー、グラフィックデザイナー、ファッションデザイナーはいずれもクリエイティブで華やかなイメージがあるため憧れる人が多い職業です。

しかし現実には華やかでオシャレな側面よりも、地味で苦労の多い部分の方が多い大変な職業なのです。

 

もしも現実を理解しないで、抱いたイメージのままこれらの職業に入って行ったら理想と現実の落差に潰されてしまう人も出て来るでしょう。

これらの職業を選択する場合は、華やかなイメージだけではなく現実面もよく見て納得してから選びましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました