未経験からWebデザイナーを目指すために必ず知っておこう!

webデザイナー

「Webデザイナーに憧れているけれど、何をどうしたら良いのか全く知らない!」

「Webデザイナーに絶対なりたい!でもどうしたらなれるの?」

「未経験だけれど、Webデザイナーは気合いだけでなれるでしょうか?」

 

この記事を読まれているあなたはこんなふうに思われているかも知れません。

 

そこで今回は、Webデザイナーになるための具体的な方法と注意すべき事柄について、徹底解説いたしましたので是非参考にしてみてください。

Webデザイナーを目指すための具体的なステップとは?

Webデザイナーとして働けるようになるためには、大まかにいうと3つのステップをクリアする必要があります。

簡単にそれぞれのステップについて説明しましょう。

スキルを身につける

まずは最低限のスキルとして、Web理論とプログラミングを学んでおくことが必要となります。

現在は特に専門知識がなくてもWebサイトが作れてしまう、WixやJimdo、STUDIO、ペライチなどの便利なツールが出ています。

 

しかし、これから曲がりなりにもWebデザイナーとしてやっていこうと思うのならば、基礎的な勉強はしておいたほうが先々選択肢が増えます。

せめてPhotoshopやillustratorなどのソフトを使いこなせるようになり、HTML/CSSのコーディングスキルは身につけておいたほうが良いでしょう。

 

自分のスキルを証明する

次に必要なステップとしては、自分の実力を見える形で人に説明できるようにすることです。

具体的には自分の作ったものを見せられるようにすることと、資格を取っておくことです。

 

自分のスキルを見せる一般的な方法は、ポートフォリオを見せられるようにすることです。

これは自分が作った作品を紙にプリントアウトしてファイルにまとめておき、これを見たら一目瞭然という状態にしておくことです。

あるいは、オンライン上にアップロードしておいて見られるようにしますが、紙のファイルのほうが一般的です。

 

次に資格を取得してしまうことですが、とりあえず次のような資格を取っておけば、やる気を証明することにはなるでしょう。

ウェブデザイン技能検定
色彩検定

エージェントに登録する

前の2ステップが準備できたら、次はいよいよ仕事を探します。

Web業界について未経験の人がWebデザイナーの勤め口を探すのならば、Web業界に特化したエージェントを複数選んで登録しておくことを勧めます。

 

エージェントに登録することで得られる具体的サービスは次の通りです。

  • 自分の希望を十分ヒアリングしてくれてm相性の良い企業を紹介してくれる。
  • エージェントが持っている公開されていない求人情報も教えてもらえる。
  • 履歴書などの添削やアドバイスをしてもらえる。

詳しくは後ほど、改めて説明します。

 

Web業界にはブラックな職場もありますので、そのような企業に就職してあとから泣きをみないためにも、やはりプロのアドバイスに頼ったほうが安心なのです。

Webデザイナーのスキルを身につける方法

まず最初にやるべきステップは、スキルを身につけることですが、これには次の3種類の方法が考えられます。

無料の求職者支援訓練

もしも採用されたら非常にラッキーなのが、無料で受講できる求職者支援訓練(ハロートレーニング)です。

ここに3ヶ月から6ヶ月程度通えば、Webデザイナーとしての基礎知識やスキルが身につけられます。

十分な知識とスキルを身につけるのならば、6ヶ月のコースを選択するのが良いでしょう。

 

講師はプロのWebデザイナーなので、きちんとした基礎知識が身につけられるはずです。

ちなみに、カリキュラムはHTML/CSS、Photoshop、jQuery、WordPressなどが初歩から学べるように組み立てられています。

 

一般のWebスクール

一般のWebスクールは半年で授業料が50万円程度かかりますが、体系的にWeb知識を付与してくれるのと、実践的なスキルを密度濃く教えてくれます。

特徴としては、Webデザイナー業界の第一線で活躍しているプロの講義に参加することができることです。

他にもマンツーマンで丁寧に教えてくれたり、進路の相談にも乗ってくれるのがメリットと言えます。

 

また、一般のWebスクールだとそこを卒業して実際にWebデザイナーとして活躍している先輩たちも多いので、今後企業に入った時に知り合える可能性もあります。

 

独学

Webデザインの勉強は、一昔前までは独学では厳しいと言われてきました。

しかしながら最近は色々な教材や補助プログラムが普及してきたために、独学で知識やスキルを習得する人が増えてきました。

もしも気に入ったスクールが見当たらなかったら、自信があれば独学も選択肢になります。

 

具体的な独学の方法については、次項で述べます。

独学でスキルを身につけるにはどうすればよいのか?

ではスクールに通わないで、独学でWebデザインの勉強をするのはどのような方法があるのでしょうか以下でやり方を説明します。

動画で学習する

現在Webデザイナー希望者が恵まれているのは、Webデザインの基礎からかなり高いレベルまで学べる動画が普及していることです。

一つ一つの動画は5分程度でまとまっており、本で読んでいるだけでは分かりづらい内容も、動画の中でパソコン画面を見ながら説明されるとわかりやすいです。

 

このような動画のコースはいくつかあり、コースを申し込むと数万円かかりますが、内容的にはWebスクールと同等なのでコスパには優れています。

ひとつおすすめを挙げるとすれば「Udemy(ユーデミー)」があります。

Udemy(ユーデミー)の公式サイトはこちら

 

わからなければ繰り返し視聴できるのが、この手の動画教材のメリットです。

 

疑問点はネットで検索する

さも当たり前のことを言っているようですが、ネットで検索した際にどのようなソリューションが掲載されているのかを十分に理解するようにします。

いずれ自分がWebデザインを行うようになった時に、この時の観察経験が生きてくるからです。

また、わからないことをいつまでもそのままにしておかずに、即決で理解していけるのもネットのメリットです。

 

スキルを掘り下げるには専門書に当たる

動画やネットでとりあえずは広範囲な知識が身につけられるのですが、自分で掘り下げてみたいスキルがある場合には専門書に当たりましょう。

専門書はいきなり最初から見たらよく分からないでしょうが、あなたは既に動画やネットで得た知識が断片的でもかなり集まっています。

これらの知識を体系的にトレースできる専門書は、あるレベルまできたら是非当たるべきです。

 

このような努力を繰り返していると、独学でも効率的にWebデザインの知識とスキルが体得できるのです。

Webデザイナーとしての自分のスキルを証明する方法

Webデザイナーとしての知識とスキルをある程度習得した後は、自分のスキルを知ってもらう努力をしなければなりません。

いくら口頭で「私はWeb知識やスキルが十分にあります」といっても通用しません。

 

それではどのような方法で自分の実力を表明したら効果的なのかと言えば、下記のような方法があります。

ポートフォリオの制作

ポートフォリオは自分の作った作品をまとめたもので、WebデザイナーならばいくつかのWebサイトを紹介するように作成します。

ポートフォリオはWebサイト版と紙版の2種類がありますが、どちらか一つでもよいのならば、Webサイト版を提出できるようにしておきます。

 

もしも特にデザイン重視のWebデザイナーを目指しているというのならば、紙に印刷してファイルにまとめたものを用意したらよいでしょう。

紙のポートフォリオは10ページから15ページくらいあれば十分です。

もちろん掲載できるだけの作品数がなければ、ポートフォリオが不十分なものになってしまうので、ある程度の分量を作れるようにします。

 

なお、紙の場合もPDFにしてGoogleドライブに上げておけば、Web上で見られるようになるので是非用意しておきましょう。

 

資格の取得

もしも実力不足でポートフォリオの出来栄えが良くなかった場合でも、資格を取得していればそれを補ってくれます。

つまり資格が取得できる程度の実力は身につけているということが、客観的に証明できるからです。

 

差し当たっては次の資格を取っておけば役に立ちます。

【ウェブデザイン技能検定】
国家検定制度の技能検定制度の一つとして、厚生労働省から指定された特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会が実施するものです。
試験は実技と学科試験で、関連国際標準規格等に基づきウェブデザインに関する知識・技能、実務能力が問われます。
合格者にはウェブデザイン技能士の合格証書が発行されます。
ウェブデザイン技能検定 | ウェブにかかわる全ての人のための、国家検定
ウェブにかかわる全ての人のための、国家検定。厚生労働省より職業能力開発促進法第47条第1項の規定に基づき指定試験機関の指定を受け、特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会が実施するものです。合格者は証書の授与のほか技能士を名乗ることができます。
【色彩検定】
1990年の第1階開催から累計150万人以上が受験した、文部科学省後援の公的資格です。
色彩検定では色の基礎から、配色技法(色の組み合わせ方)、専門分野における利用などを幅広く学習します。
色彩検定の学習によって感性や経験によらない、理論の土台を身につけることができます。
色彩検定協会/カラーコーディネーター
色彩検定とは色に関する幅広い知識や技能を問う検定試験です。1994年には文部省の認定をうけ、名称も「文部省認定ファッションコーディネート色彩能力検定」と変更して現在に至っています
これらの資格は、Webデザインに関係する知識を保有することを証明してくれるので、あなたの実力を後押ししてくれます。

仕事を獲得する方法

 

次はいよいよ仕事を獲得するステップの番です。

仕事を獲得するための手段をいくつか紹介しておきます。

エージェントに登録する

ここでエージェントと言っているのは、「転職エージェント」のことです。

WebデザインなどのIT業界に詳しい専門のエージェントがいくつもありますので、複数エージェントに登録しておくとよいでしょう。

エージェントを利用するメリットは次のようなものがあります。

・利用料金は無料です。(エージェントは企業から成功報酬を得るからです。)
・エージェントは最初にあなたの希望を細かく聞いてくれるので、自分に合った企業を探してくれます。(ミスマッチが発生しにくくなります。)
・非公開の求人情報が得られる。(エージェントは企業から特別に内々の非公開情報を預かっているので、公開情報からは得られないお得な情報が得られます。)
・申請書類のアドバイスをしてくれる。(企業が求めている人材を知っているので、それに沿った履歴書等の申請書類作成をアドバイスしてくれます。)
・待遇などの条件面交渉や面接日程の調整をしてくれます。
・その他もろもろの不安について相談に乗ってくれます。

求人サイトで探す

インターネットサイトでも手軽に求人情報を得ることができます。

WebデザイナーなどIT業界の求人情報を扱っているサイトには次のようなものがあります。

・Green (IT業界の求人を中心的に扱っています)
・dodaエンジニアIT (転職サイトの「doda」のエンジニア、IT分野のサイトです)
・Find Job! (IT、WEB業界専門のサイトです)

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングは、インターネットサイトで仕事の依頼者と請負者をマッチングできるサービスです。

仕事を探している人は、ネット上に掲載された仕事に応募し、条件交渉が成立したら依頼者から仕事がもらえ、完成後それを納品して問題がなければ報酬をもらえます。

 

仕事をしたのに報酬がもらえない、などというトラブルを防止するためには、大手のクラウドソーシングサービスを利用したら安全です。

 

おすすめのクラウドソーシングサービスは、次の2社です。

 

クラウドワークスの公式サイトはこちら

 

ランサーズの公式サイトはこちら

 

初級Webデザイナーから成長する方法

なんとかして仕事を獲得できても、まだようやく生まれたばかりの状態と同じです。

今後Webデザイナーとしてやっていくためには、この初級Webデザイナーのレベルから成長して行かなければなりません。

それでは具体的にどのような点を伸していけばよいのでしょうか?

スキルを磨く

常に向上心を持って勉強を続けて行くことが肝心です。

次のようなスキルのレベルアップを心がけましょう。

ディレクションスキル
・スケジュール管理
・顧客との調整
・チームマネジメント
これらは上の職種へ行くために必要になります。
UI/UXのスキル
UI(ユーザーインターフェース)およびUX(ユーザーエクスペリエンス)を追求すればユーザーが求めるWebサイトが作成できるようになります。
フロントエンドのスキル
より上質なWebサイトを作成できるようになるには、クライアントの要望を的確に反映できるフロントエンドエンジニア業務にも精通するのがベターです。

クライアントとのコミュニケーション能力を高める

Webデザイナーとして成長してきても、自分のスキルに溺れて独自の道を歩んで行くのはいけません。

Webサイトはあくまでも、クライアントの要望に沿ったものを作成しなければいけないからです。

 

そのためには、クライアントの要望を的確に把握することが大切です。

クライアントは思っていることを全て表現できるとは限らないので、Webデザイナーのほうからも提案や確認をしつつ、クライアントが本当に望んでいるものを掴むように努力します。

 

このような場面では、コミュニケーション能力が重要になります。

Webデザイナーの中には、人と話すのが嫌だからこの仕事に就いたという人もいるかも知れませんが、少なくともクライアントとは十分に意思疎通するようにしましょう。

 

Webサイトが出来上がった後から、クライアントに「こういうものを望んでいたのとは違うのですけれども。」とダメ出しされないようにしましょう。

 

Webデザイナーの未来

憧れのWebデザイナーになって、しかも日々スキルアップの努力を重ねていったら、どんな未来が望めるのでしょうか?

企業の一員として

企業の中でWebデザイナーとして経験を積んで行けば、昇給もしていきます。

ただし自分の出来る仕事の範囲を広げていかないと、給料は頭打ちになってしまいます。

 

プログラムの勉強をしてフロントエンドエンジニアを兼ねるような能力を身につけて行けば、未来は明るいでしょう。

 

さらに一担当者として働き続けるだけよりは、チームをまとめるWebディレクターのような職種にレベルアップしていった方が企業内での昇進が見込めます。

もっとも、自分は人のマネジメントには向かないので、ひたすらスキルアップをしたいと言う人には次のフリーランスの道もあります。

フリーランスとして

企業に数年勤めて、自分の業務範囲もかなり広がってWebサイトに関することならば一通りこなせるというレベルに達したら、企業内の出世競争から飛び出しても良いでしょう。

レベルの高いフリーランスとして仕事を請け負っている人には、年収1000万円を超える人も多数います。

 

さらに現状の需給関係は高レベルのWebデザイナーが不足しているので、有利な条件での請負契約が結べるでしょう。

とにかく、Webデザイナーとしての実力をアップさせておけば、このような華やかな道も開けているのです。

まとめ

 

Webデザイナーに興味を持って、強く憧れるようになったら未経験で不安があっても前進できます。

正しいステップを歩んでいけば、誰でも一人前のWebデザイナーになれるのです。

 

まずはWebデザインの基礎知識とスキルを身につけましょう!
方法はスクールに通っても、独学でも大丈夫です。
次に自分の実力を証明出来るようにしましょう!
ポートフォリオを作成するのと、資格試験を受けて資格を取得しておきましょう。
仕事を獲得します!
エージェントを利用するのが安心かつ安全ですが、他の方法もあります。
Webデザイナーとしての明るい未来へ向けて前進しましょう!

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました