デザイナーに必要な素質は何?デザイナーの実態を徹底解説!

デザイナー

「デザイナーになるのに必要な素質にはどんなものがある?」

「デザイナーに向いている人はどんな人?」

「自分にデザイナーの素質があるかどうか知るには?」

 

この記事を読んでいるあなたは、そんなことを思っているかもしれません。

 

そこで、本記事ではデザイナーに必要な素質や自分の適性を知る方法などについて徹底解説していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい!

 

デザイナーに必要な素質とは?

一般的に、デザイナーに必要な素質と言われると、芸術的センスや美的センスを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

しかし最近では、デザイナーは美的センスや芸術性を備えているだけでは食べていけないと言われています。

 

そこで本項では、最近のデザイナーに求められる素質についてご紹介します。

 

情報感度が高い

デザイナーに求められる素質の1つに、情報感度が高いということが挙げられます。

 

デザイナーには、常に新しい発想や斬新な発想が求められます。

情報感度が高い人は、常に新しい情報をいち早く入手し、他の人が見過ごしてしまうような些細な情報にも目を向けることが出来るので、斬新かつ新しい発想をすることが得意といえます。

そのため、誰よりも先に時代の流れを掴むことに優れておりデザイナーに向いていると言えます。

 

また、情報感度は身につけることが可能な素質と言えます。

いつもよりも身の回りの些細なことにアンテナを張り、自分の興味があること以外にも目を向けるなどちょっとした意識の改革をするだけで身につけることができるでしょう。

デザイナーを目指している人は、まず情報感度を身につけることから始めてみてもよいかもしれません。

 

柔軟な発想ができる

デザイナーとして活躍するためには、柔軟な発想ができることも大切です。

デザイナーは、デザイン面での柔軟な発想はもちろん、クライアントとのやり取りの中でも柔軟性が求められます。

 

いくら見た目にこだわっても機能性がないものはよいデザインとは言えません。

状況に合わせて視点や切り口を変えてデザインに関する諸問題を解決し、使い手にとって心地の良いものを生み出すことがデザイナーに求められる仕事です。

自分のデザインや意見を押し通すのではなく、状況や求められているものに応じて柔軟な対応ができて初めてよいデザインは生まれます。

 

自分のスタイルを持つことはとても大切ですが、状況に合わせて柔軟な発想・対応が求められるのがデザイナーであることを忘れてはなりません。

 

雑用も楽しむ事ができる

デザイナーの仕事は、単にデザインを行うだけではなく、意外と雑用のような事務仕事や手続きなどが多いです。

特に新人は、先輩デザイナーの補佐的な仕事を任されることもあり、自分のデザインと言うよりは数をこなす作業が多くなるため、苦痛に感じてしまう人もいます。

 

そのような時に、いかに楽しめるかどうかがデザイナーの素質でもあります。

どんな雑用でも、いかに効率的に行うか、いかに自分の中にスキルを落とし込むかを常に考え、楽しみながら行える人はその後の成長も期待できます。

その仕事が楽しいかどうかではなく、いかに楽しく仕事ができるかが重要なのです。

 

雑用に思える業務にぶつかった時には、「意味のないもの」と捉えるのではなく「ステップアップに必要な時間」とポジティブに捉えることを心がけましょう。

 

批判を恐れない

批判を恐れず挑戦する姿勢もデザイナーに必要な素質の1つといえます。

自分のデザインを批判されるのを恐れて常に相手の顔色を窺っているようではデザイナーとして成長できません。

 

そもそも最初から1発OKでデザインが通るデザイナーはほとんどいません。

クライアントや上司から要望やアドバイスを受けて試行錯誤していくことでよいデザインは生まれ、スキルの向上にも繋がるのです。

 

そのため、プロのデザイナーは自分の創り出したデザインを批判される事に対して前向きに取り組めるメンタリティを持っている必要があります。

 

とにかく創ってみる精神がある

情報感度が高いことや批判を恐れないことに通じる点がありますが、「とにかく創ってみる」精神がある人はデザイナーの素質があるといえます。

なぜなら、頭に浮かんだアイデアを形にできることはデザイナーにとってとても重要な力であるからです。

 

どれだけ頭に良いデザインが思い浮かんでいたとしても、それを形にできなければデザイナーとしての仕事を果たすことが出来ません。

また、思い描いたデザインを形にするまでのプロセスを計画し、実行に移すまでがデザイナーの仕事といえます。

 

そのため、頭で思い描くだけでなく、「創る」という行動を起こせる人はデザイナーに向いていると言えるでしょう。

 

こだわるポイントと妥協点を理解出来ている

デザインを行う上で、「ここをこうしたい!」というこだわりを持つことはとても大切です。

しかし、求められていることや予算などによって、妥協しなければならない場面もたくさんあります。

こだわるポイントと妥協点を理解できている人はデザイナーとしての素質があるといえます。

 

どの部分をこだわってどの部分を妥協すれば良いのか、これはもともと持っている感性だけではなく、経験を積む中で身につけることが出来る素質です。

適切な判断ができることがプロとアマチュアを分けるポイントにもなります。

 

使い手目線の優先すべき事項にはこだわりそれ以外の自分の固定概念などには柔軟に対応するなど妥協点を見出すと良いでしょう。

 

学校以外での学習方法を知っている

これは、学校で教えてもらえる事柄だけを淡々と身につければデザイナーとして活躍できるという訳ではないということです。

学校で学ぶことのできる事柄以外のことも自分から吸収しようとする人はデザイナーとしての成長速度も速く、素質があるといえます。

 

現代はインターネットやオンラインで講座を受けるなど、様々な知識と触れ合う機会が多くあります。

そういったコンテンツを利用してスキルを磨くこともおすすめです。

 

デザイナーに向いていない人はどんな人?

 

前項ではデザイナーに必要な素質についてお話してきました。

本項では、反対にデザイナーに向いていない人はどんな人なのかご紹介していきます。

 

今からご紹介する内容にご自身が当てはまるからといって「デザイナーはやめた方がよい」という訳ではありません。

自分のことを知り、改善点を見出す1つのきっかけとして参考にしてみて下さい!

 

デザイナーに向いていない人の特徴

デザイナーに向いていない人の特徴として、以下のようなことが挙げられます。

 

・長時間労働を苦痛に感じる
・こだわりが強すぎる
・既存の概念を疑わない
・スケジュール管理が苦手
・コミュニケーションが苦手
・協調性に欠ける

デザイナーの仕事は、仕事の量や時期によって労働時間・労働量が変動する場合が多いです。

特に納期間近になると長時間労働を強いられることがしばしばあります。

そのため、長時間労働や労働時間の変動を苦痛に感じてしまう人は、デザイナーに向いていないかもしれません。

 

また、デザイナーは自身の裁量で1つの案件に割く時間や1日の業務内容を決められる場合が多いです。

そのため、スケジュール管理が苦手な人は、労働量と労働時間のバランスが取れず苦しい思いをするかもしれません。

 

協調性がなくこだわりが強すぎたり既存の概念にとらわれすぎてしまう人要注意です。

デザイナーに必要な素質の部分でもお話したように、こだわる部分と妥協する部分のバランスを取ることを意識すると良いでしょう。

 

以上のような一般的にデザイナーに向いていないといわれる特徴が当てはまった場合でも、視点や意識を変えることでデザイナーとしてプラスな要素へ変わる場合もあります。

 

そのため、今挙げたような特徴に当てはまったからといって気落ちせず、自分の特徴を理解したことを前向きに捉えましょう。

 

現役デザイナーにはどのような人が多い?実態を調査!

 

続いて、どのような人がデザイナーとして活躍しているのかその実態をご紹介します。

デザイナーとして働いている方には共感できる内容もあるかもしれません。

また、デザイナーを目指している人はデザイナーの意外な一面を知ることで、デザイナーという職業への理解を深められるでしょう。

 

現役デザイナーにはどんな人が多い?

現役デザイナーの仕事現場は、その会社によって賑やかであったり、反対に1日何も話さないほど静かであったりと雰囲気に違いはありますが基本的に自由な働き方ができる職場が多いです。

そのため、デザイナーには自由な人が多いといわれています。

 

具体的には、没頭できる趣味を持っている人も多く、仕事の延長線上で趣味を楽しむ人が多い傾向にあります。

デザイナーはクリエイティブな発想が必要な職業でもあるので、こうした趣味を持つ・色々なことにアンテナを張っておくことがスキルの向上にも繋がるのです。

 

また、個性が強い人も多いといわれています。

自分で新しいものを生み出すというデザイナーの仕事は、独自の発想や観点を持っているいわゆる個性的な人に向いているといえるでしょう。

 

総じて、様々な特性を持つ人がデザイナーとして働いています。

 

デザイナーには性格が悪い人が多い?

デザイナーの実態について調査を進めていくと、デザイナーには性格の悪い人が多いとの情報が多く寄せられました。

一体どういうことなのか、さらに調べた結果、性格の悪いデザイナーと言われる人にはいくつかの共通の特徴があることが分かりました。

 

その特徴は以下の通りです。

コミュニケーションを取ることが苦手
・クライアントを敵対視している
・クライアントへのヒアリングが下手
・物事を深く考え込んでしまう

 

以上の特徴は、性格が悪いというよりはデザイナーが相手と意思疎通をする上で、クライアントなどの相手方に「誤解」されやすい性質であるといえるでしょう。

 

コミュニケーションが苦手でなんとなく不愛想に思われてしまったり、物事を深く考え込む性質からなんでも掘り下げたくなり、クライアントから屁理屈が多いと捉えられてしまったりと誤解されやすい性質を持つデザイナーが多いということなのではないかと思います。

 

今後デザイナーとして活躍できる人とは?

最後に、今後デザイナーとして活躍できる人はどんな力を身につけている人なのか、代表的な3つの要素をご紹介します。

デザイナーを目指す人・デザイナーとして成長したい人はぜひ参考にして下さい。

 

マーケティングをよく理解しているデザイナー

デザイナーがマーケティングまで理解する必要があるのか、疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

実は、今後デザイナーとして活躍を望むのなら、マーケティング(経営)に関するノウハウを理解しておく必要があるのです。

 

そもそもクライアントがデザイナーに何を求めて仕事を依頼するのか考えたことはありますか?

「おしゃれなデザインを考えてほしい」「自分では考えられない斬新なアイデアがほしい」など色々考えられますね。

しかし1番は、「売れるデザインをつくってほしい」と考えているのではないでしょうか。

つまり、顧客に求められるデザイン・満足してもらえるデザインが求められています。

 

それは一概に「かっこいい」「おしゃれ」などの見た目だけで達成されるものではありません。

使い手のニーズを考えて、経営的な観点を踏まえたそれに適したデザインをすることが重要なのです。

 

芸術性や美的センスだけを磨くのではなく、そうした経営的観点を考えながらデザインすることで、デザイナーとしての自分の価値もあがるのではないかと思います。

 

このような背景から、今後デザイナーとしてのさらなる活躍を望むのなら、マーケティングに対する理解を深めると良いでしょう。

 

コミュニケーション能力があるデザイナー

デザイナーや小説家など、クリエイティブな仕事をしている人は、1人で机と向き合い黙々とアイデアを編み出しているイメージが強い人も多いのではないでしょうか。

 

しかし実際、デザイナーの仕事は1人では完結することが出来ず、まして活躍するためには他者とのコミュニケーションが不可欠です。

 

クライアントとイメージや意図を共有しながら進めることで、良いデザインは生まれます。

また、自分がデザイナーとして新しい仕事を得るためにはクライアントや同業の人々と関係を築くことが必要でしょう。

 

誰にでも愛想よくという訳ではありませんが、必要なコミュニケーションは取りつつ、人間関係を築いていく心がけがデザイナーにも必要です。

 

人を見る目を持っているデザイナー

これまで、

・マーケティングを理解している
・コミュニケーション能力がある

デザイナーは活躍できるとお話してきました。

 

しかし中には、他人とコミュニケーションを取るのが苦手、必要と分かっていても億劫だと思っている人もいるでしょう。

 

実はそのような感覚もデザイナーとしてとても大切なのです。

 

いくらコミュニケーションや人間関係が大切であるからと言って誰とでも良好な関係を築き、要求を受け止めなければならないという訳ではありません。

 

ある程度デザイナーとして食べていけるようになったら、クライアントを選ぶ、つまり仕事を選ぶことも大切です。

クライアントの中でも、すべてが良いクライアントであるという訳ではありません。

無理な要求を強いたり、あまりに不誠実であったりするクライアントも中にはいます。

 

そのようなクライアントの要求に答え続けることで、自分自身のデザイン観をを見失ってしまっては成長につながりません。

そのため、デザイナー側にもクライアントを選ぶ権利がある、つまり仕事内容を選ぶ権利があるという視点を忘れずにいて下さい。

 

まとめ

今回は、デザイナーの素質について以下のような内容について紹介してきました。

・デザイナーに必要な素質
・デザイナーに向いている人・向いていない人の特徴
・デザイナーの実態
・今後デザイナーとして活躍できる人の特徴

 

自分にデザイナーとしての素質はあるのか、自分はデザイナーに向いているのか不安に思っている人もいるかもしれません。

しかし、大切なのは自分がデザイナーに向いているのか否か知ることではなく、自分に足りない要素を理解して改善に向けて行動を起こすことです。

 

今回の記事の中で、デザイナーとして必要な要素・どう改善していったらよいのかということも述べさせていただきました。

 

そういった内容も参考にして、デザイナーとしての可能性を見出すきっかけとなれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました