Webデザイナーの現状と将来性、プログラマーと比較もしてみた!

webデザイナー

「Webデザイナーの現状はどうなっているのか?将来性はあるのか?プログラマーとどちらが有利なのだろうか?」と
悩まれている方は多いのではないでしょうか?

ということで、今回は

  • Webデザイナーの年収や残業の状況
  • Webデザイナーの将来性
  • Webデザイナーとプログラマーのどちらを選んだら有利か

などについて解説していきたいと思います。

ぜひ最後まで読んでみてください!

Webデザイナーの現状について

Webデザイナーはインターネットが普及するにつれて需要が高まって来ました。

少し前までは、企業や商店のWebサイトがインターネット上に開設されるだけでも話題になっていたのですが、今はもう珍しいものではありません。

また、Webデザイナーは時代の最先端の職業として希少価値がもてはやされた時期もありましたが、現在では毎年かなりの人数が世に出るようになっています。

従って、Webデザイナー自体は現在では特別な存在ではなくなりました。

 

さらに以前のWebサイトの役割は、企業や商店の「広告」が主目的だったのですが、現在ではそれ以上の意義を認めています。

すなわち、Webサイトが企業や商店の様々なサービスを提供するためのプラットフォームとしての役割を担うようになってきたのです。

 

Webサイトの果たす役割が拡大傾向にあるため、それに対応できるWebデザイナーの能力が多彩になってきています。

Webサイトを美しく作成できるだけではなく、ユーザーに行動を促せるようなデザインスキルやセンス等がより一層求められるようになりました。

Webサイトのレベルが向上している現在、それに対応できるような高い能力を持ったWebデザイナーの求人は年々急拡大して、人手不足が続いています。

 

裏を返せば、Webデザイナーとして年々高まるレベル向上の要求についていけない人は、求人対象から漏れていくということです。

Webデザイナーとして安定した収入を得ていく、あるいは年収をアップさせていくためには、絶え間ないスキルアップや自己啓発が必要です。

Webデザイナーの年収や残業が気になりますか?

一人前のWebデザイナーへの道のり

Webデザイナーになるためには、専門学校等に通ってWebデザインの基礎理論やグラフィックソフトあるいはコーディングのスキルを勉強しなければなりません。

あるいは独学で挑戦する人もいるでしょう。

そして自ら作った作品のポートフォリオを携えて、Webデザイナーとして企業や事務所の採用試験を突破しなければなりません。

 

首尾良くWebデザイナーとしての仕事を始めても、一人前になるための道は平坦ではありません。

先輩達からの厳しい指導に耐え、クライアントの要求に応じられるようなスキルを磨き、さまざまな経験を積んでようやく一人前になります。

Webデザイナーは基本的に忙しい仕事です。

 

締め切りもあるし、クライアントからのダメ出しがあったら最初からプランを練り直さないといけないこともあるでしょう。

しかもWebデザインのテクノロジーは日進月歩ですので、キャッチアップするための自己研鑽も必要です。

 

このようにWebデザイナーは専門知識やスキルを習得しつつ、新たなテクノロジーを日々取り入れていくという常に前向きに取り組める職業です。

Webデザインが好きな人にとってはかなりやり甲斐のある仕事と言えます。

Webデザイナーの年収

それでは、これだけやり甲斐のあるハードとも言える仕事の対価はどのくらいなのでしょうか?

現在Webデザイナーの年収は平均で375万円程度です。全体的には300万円から400万円という人が多いようです。

もっとも、経験年数によっても差があり、経験年数1年未満だと月収が25万円から30万円程度です。

経験年数が2年になると35万円から40万円程度とアップする傾向があります。

 

Webデザイナーの主力層は現在30歳台の人となっているので、年収375万円というのはまあまあのレベルではないでしょうか。

さらに経験を積んでいくと年収も上昇していき、400万円以上の年収を目指すには、コーディングやWord Press編集、マーケティングスキルが必要となってきます。

つまり、経験年数が多くなるだけではだめで、スキルの幅が広がっていかないと年収アップには繋がっていかないのです。

 

これは、この種のスキルの専門家の給料としては当然で、年功序列的な評価にはならず、「何ができるのか?」に対する公平な評価が下されるのです。

そのために、年齢が低かったり経験年数も少ないけれども、スキルが秀逸なWebデザイナーは先輩達よりも高い給料を得ることも可能になるのです。

高額年収のWebデザイナーの実態

Webデザイナーの平均年収は375万円と言いましたが、このレベルを超えて高収入を得ている人もいます。

ただし、高収入のWebデザイナーは単にWebデザインのスキルを高めているからという理由で高収入を得ているのではありません。

それは、Webデザイナーの中でもマネジメント職的な仕事をしている人達がより高収入を得ているのです。

 

つまりWebプロデューサーやディレクターになれば平均年収は452万円となります。

中には600万円程度の人も出て来ます。

これらの人はクライアントとWebデザイナーチームとの間で、よりよい作品を創り出すというマネジメントを行っているので高収入なのです。

 

さらに上には上がいて、企業や事務所でかなりの経験を積んだ人がフリーランスとなって、直接クライアントからご指名をもらっている場合があります。

そのような仕事のやり方をしている場合には、年収1000万円を超える人もいるのです。

もしWebデザイナーとしての成功を望むのならば、最終的にはこのような高額所得が得られるフリーランサーというのは魅力的です。

Webデザイナーの残業実体

会社に勤務しているWebデザイナーの毎日の仕事は、はっきり言ってハードです。

残業時間も毎日平均で3時間程度は覚悟しなければなりません。

締め切りが近くなってくるとさらに残業時間も増えてくるのが当然といった実態があります。

 

なお、Webデザイナーとして先々活躍していくためには、自分のスキルアップが欠かせません。

新しいスキルの獲得のための勉強も必須なので、残業と併せて相当程度の時間が取られることを想定しておくべきでしょう。

Webデザイナーの将来性はどうか?

業界の成長性

世の中の流行廃りは厳しいもので、10年も経てば現在花形の職業も成長ラインから外れて厳しい状況に落ち込むこともあります。

現在の社会には、たくさんの業種がありますが、その中で将来の成長予測をすると、AIやIOTの市場の成長性が一番爆発的だと言われています。

さらにこれに関連する周辺分野も成長性が望めます。

ではWebデザイナーについてはどうなのでしょうか?

 

Webデザイナーが関係する市場は、ECサイト市場、インターネット広告市場、コンテンツマーケティング市場、Web制作(インテグレーション)市場などがあります。

これらのほぼ全ての市場が、これからも成長傾向にあります。

いわゆる4マス(新聞、雑誌、テレビ、ラジオ)の広告費はこのところ減少の一途ですが、代わってWebメディアの広告費はどんどん上昇しています。

特に近年はスマホの普及によって、誰でもWebサイトで検索して商品の購入を検討するようになってきました。

 

このような消費行動の変化に応じて、企業はWebサイトに今まで以上に関心を持つようになったのです。

言わばWebサイトの出来の良し悪しで企業の売り上げが左右されるようにさえなって来ました。

そのため、以前のように4マスの補完的な意味合いとしてのWebサイトではなく、むしろコア媒体としてその地位が急上昇しているのです。

このため、今後もWebデザイナーのニーズは確実に拡大していくと推計されており、これから長期間に亘って安定した業種として成長するとされています。

Webデザイナーの需要

Webデザイナーが必要とされるのは大都市部が多いのが現状です。

さらに与えられた仕事をこなすだけではだめで、自分でUI(ユーザーインターフェース)戦略を考案して、クライアントと充分なコミュニケーションを取れるような人材が求められています。

 

なお、できるWebデザイナーはかなり不足しておりスキルのあるWebデザイナーは引く手あまたの状態が続いています。

このような状態は今後とも過熱化していく傾向にあります。

それは、需要に対してそれに見合ったレベルのWebデザイナーの供給が追いついていない状況があるからです。

その意味ではWebデザイナーとして今後とも活躍していくためには、クライアントから指名されるような望ましい姿に自己を近づけていく努力が必要です。

 

一方、とりあえずWebデザインができるというレベルの人は過剰感が出て来ています。

単にWebサイトが作れるという程度のスキルの持ち主の場合は、依頼が減少していく傾向にあり、より一層「技術」や「デザイン性」が求められるようになってきています。

 

これらのことは、厳しいですがWebデザイナーを続けて行くに当たっての資格条件になっていくでしょう。

環境の変化

一昔前までは、Webデザインができるというだけで重宝されましたが、近年では急速に環境が変化してきました。

それはWixやJindo,STUDIO,ペライチなどのWeb制作ツールが開発されたことによって、誰でも簡単にWebサイトを作れるようになってきたのです。

このためにWebデザインのスキルは学びやすくなっており、他業種からの参入も増えてきているのです。

また、主婦が在宅で仕事をするようになっており、参入しやすいWebデザインに流入してきているのです。

 

このようににわかWebデザイナーの裾野がひろがりつつあり、かつ制作ツールの発展によって、そこそこのWebデザインが可能になっています。

このことが、既存のWebデザイナーの圧迫要因になってしまっているのです。

Webサイトを作りたいと希望するクライアントは、自社の中で素人ながらもWixなどのWeb制作ツールを使って、Webサイト作成にトライするでしょう。

しかし、ある程度やってみてやはりプロのWebデザイナーに任せてみようと思い立ちます。

 

その時にもしも素人のクライアントが見よう見まねで作った試作品よりも、圧倒的に訴求力のあるWebサイトが作れなければ、クライアントの信頼は得られません。

この点が、一昔前に比べるとWebデザイナーを脅かす要因になってきたのです。

これからのWebデザイナーに求められるものとは?

これからのWebデザイナーは、単に自分の好きなことを表現して、それを正当に評価してもらいたいというアーティスト気質の人は求められないでしょう。

求められる人材は、クライアントのニーズとターゲットとするユーザーニーズの両方を的確に把握して、それにピッタリの見やすいデザインと快適な操作性を実現できるセンスのあるWebデザイナーとなります。

このようなスキルを持ったWebデザイナーを目指して、自分のレベルをあげていくためには、次のようなスキルを習得しておくべきです。

ディレクションスキル

これは現在の高額所得層のWebデザイナーである、Webプロデューサーやディレクターなどのマネジメント職が身につけるべきスキルです。

具体的には、「スケジュール管理」、「顧客との調整」、「チームマネジメント」といったスキルになります。

UI/UXのスキル

UI(ユーザーインターフェース)は、Webサイトの実際にユーザーに見える部分で、プロのWebデザイナーとしては、より洗練されたものにしていくニーズがあります。

UX(ユーザーエクスペリエンス)はユーザーが製品やサービスを使用する際の印象や体験であり、これをいかに印象深いものにするかというのが、クライアントの要望を達成するために必要です。

フロントエンドのスキル

Webデザイナーとしての仕事の領域をもう少し広げて、フロントエンドエンジニアの業務にもタッチできるようにすると、Webデザイナーとして高い能力を持つことになります。

クライアントサイドのプログラミングについての知識・スキルを持つことによって、より柔軟にWebサイトを作成していけるようになるでしょう。

このために、HTML/CSS、Java Scriptなどのプログラミング言語についての理解と運用スキルを高めておく必要があります。

 

これらのスキルは、一昔前のWebデザイナーとしては自分の仕事の領域をはずれるものと理解されていました。

しかし時代の推移と共に我が身を守るためにも増強しておかなければならない周辺スキルとなってきました。

Webデザイナーとプログラマーのどちらを選んだら有利だろうか?

今までWebデザイナーを目指してWebデザインの学校へ通ったり、独学でも勉強を続けている人は、「できるWebデザイナー」になろうと努力するのが賢明です。

一方、これからWebデザイナーにするか、それともプログラマーを選ぼうかと迷っている人の場合は、短絡的な判断は危険です。

つまり年収や残業実態といったことを根拠にして「有利」か「不利」かということを判断するのは間違っています。

 

確かに両方の職業とも将来の成長性があり、かつ繁忙度も甲乙つけがたいです。

一方平均年収としては、ややプログラマーの方が高いという実態はあります。

しかし、Webデザイナーとプログラマーでは仕事の性格が異なり、また適性や自分が好きになれる仕事か否かということは十分考慮すべきです。

 

ざっくり言うとWebデザイナーは、「ユーザーに見える部分を構築する仕事」です。

一方、プログラマーは「Webアプリなどの仕組み(システム)の実装」がメインとなります。

どちらの職業を選んでも、一人前になるまでには相当の経験と努力を必要とするのですから、自分の気持ちを大切にして、しかも職業実態をよく調べた上で自分に合った方を選べば悔いがないでしょう。

まとめ

Webデザイナーは時代の推移と共に、要求されるレベルが上がってきています。

そしてそれらの高度なスキルやWeb知識を身につけ、日々自己の能力向上の努力を怠らない人にとっては、Webデザイナーはこれからも安定した職業であり続けるでしょう。

これまでプログラミング分野の仕事に区分けされていたフロントエンドスキルや、マネジメント職の仕事だった分野についても積極的に吸収していく姿勢が求められます。

積極的に自己研鑽をしているWebデザイナーにとっては、現状を厳しいと感じていたとしても、きっと明るい未来が開けることと確信しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました