【副業で月5万!】動画編集スキルを無料で身につけませんか?

完全初心者に向けた動画編集スキル講座を無料で行っています

【今だけ無料!】動画編集講座~準備編~の詳細はこちら

Adobeプレミアプロを勉強するのに最適な本は?勉強の仕方も解説

ソフト

「Adobeプレミアプロを勉強するにはなんの本を読んだら良いの?」

「Adobeプレミアプロは独学で勉強できる?」

「Adobeプレミアプロのメリット・デメリットは?」

上記のようにお考えではないでしょうか。

 

当記事ではAdobeプレミアプロでおすすめの書籍をご紹介いたします。

ぜひプレミアプロで勉強する際の参考にしてください。

 

 

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

Adobe Premiere Pro(アドビプレミアプロ)を勉強するのに最適な本は?

Adobeプレミアプロの勉強におすすめの本からご紹介していきます。

下記4冊の本がおすすめです。

  • 知識ゼロからはじめる Premiere Proの教科書 CC対応
  • プロが教える! Premiere Pro デジタル映像 編集講座
  • Premiere Pro プロが教える知っておくべき効率&品質アップテクニック!
  • Premiere Pro パーフェクトガイド

 

知識ゼロからはじめる Premiere Proの教科書 CC対応

まずは初心者向けの一冊です。

「知識ゼロからはじめる Premiere Proの教科書 CC対応」は、全くプレミアプロの使い方がわからない人が読んで、動画の作り方を学ぶための書籍。

 

非常に丁寧に動画編集の流れから、プレミアプロの操作の仕方を解説しているため、すんなり勉強することが可能です。

書籍で解説している内容と連動しているサンプルデータとサンプルムービがあるので、見比べながら作業を進められるでしょう。

知識ゼロからはじめる Premiere Proの教科書 CC対応をAmazonで見る

 

プロが教える! Premiere Pro デジタル映像 編集講座

次は初心者から中級者向けの内容の本です。

プロが教える! Premiere Pro デジタル映像 編集講座がおすすめ。

 

プレミアプロの動画編集を学ぶ本といえば、こちらと言われるほど知名度が高い一冊です。

基本の機能から、編集のテクニックまで学べるので一冊持っておけば安心。

 

画像を適宜挿入したわかりやすい説明で、各種動画の作り方をステップごとに分割して解説しているので、効率的に学習できます。

プロが教える! Premiere Pro デジタル映像 編集講座をAmazonで見る

 

Premiere Pro プロが教える知っておくべき効率&品質アップテクニック!

「Premiere Pro プロが教える知っておくべき効率&品質アップテクニック!」は中級者以上におすすめな書籍です。

 

より効率良く動画を作成する方法や、質の高い映像作品を作成するテクニックやポイントを解説しています。

基本は全て押さえられているけど、より高品質な動画を作りたい、動画編集を仕事にしたいと考えている人はこちらの書籍がおすすめ。

 

上記2冊の書籍で基礎を作った人がさらなる飛躍を目指して読むにはちょうどいい書籍です。

ただしいきなり「Premiere Pro プロが教える知っておくべき効率&品質アップテクニック!」を購入すると、基礎的な部分が説明不足で混乱する可能性があります。

 

購入する順番には注意してくださいね。

 

Premiere Pro プロが教える知っておくべき効率&品質アップテクニック!をAmazonで見る

 

Premiere Pro パーフェクトガイド

「Premiere Pro パーフェクトガイド」は非常にボリューミーな書籍です。

辞書的な使い方を想定されているため、あらゆる事柄を網羅的に記載しています。

 

カット編集の方法、色彩の調整、演出など細かな操作法を丁寧に解説しているので、こちらがあれば操作に迷うことはないでしょう。

ただし、基本がわかっている方でないと十分活用できない可能性が高い書籍です。
きちんと基礎をつけてから購入した方がいいので、その点にはご注意ください。

 

Premiere Pro パーフェクトガイドをAmazonで見る

 

Adobe Premiere Pro(アドビプレミアプロ)を勉強する最適な方法とは?

Adobeプレミアプロを勉強する方法をご紹介します。

下記の流れで学習すれば効率的にスキルを磨けるでしょう。

  • 書籍を熟読して動画を作成してみる
  • 足りない部分はYouTubeなどの動画教材を利用する
  • 作った動画はYouTubeなどの配信サイトにアップする
  • ある程度スキルがついたらクラウドソーシングで案件を受注してみる

 

書籍を熟読して動画を作成してみる

まずは書籍を熟読して動画を作成してみましょう。

独学でも十分学ぶことができるのがプレミアプロです。

 

もし書籍に書いていない問題が発生した時には、Googleなどの検索エンジンで調べてください。

プレミアプロはユーザーが極めて多い編集ソフトなので、問題解決の方法は大抵が掲載されています。

 

自分で問題を解決する能力が鍛えられれば、動画クリエイターとして一気に飛躍できますので、ぜひ努力してみてください。

 

足りない部分はYouTubeなどの動画教材を利用する

書籍やwebサイトで解決できない場合はYouTubeなどの動画教材を利用しましょう。

こちらも無料・有料で配信しているので、自身のレベルに合った教材を選択してください。

 

まずは無料のチャンネルで学習を行い、効率が悪いと感じたら有料配信に挑戦するといった流れがおすすめです。

動画だと動きや操作がよりわかりやすいので、効率も良くなりますよ。

 

作った動画はYouTubeなどの配信サイトにアップする

作った動画はYouTubeなどの配信サイトにアップするようにしましょう。

最初は人にみられるのが怖いと感じるかもしれませんが、他人からのフィードバックは重要です。

 

客観的に見て動画がどういったものなのかを知ってもらうことで、成長できるというもの。

勇気を出して公開してみましょう。

 

運良くバズったり、話題になったりしたらそれだけで収益化することも可能ですよ。

練習とお金の2点のメリットがあるので、必ず公開していくようにしてください。

 

ただし、コメントの中には誹謗中傷などの心ないものもあります。
それらについてはあまり深く考えず、ブロックや通報をして対応しましょう。

 

ある程度スキルがついたらクラウドソーシングで案件を受注してみる

ある程度スキルがついてきたら、クラウドソーシングで案件を実際に受注してみましょう。

最初は低単価のカット・テロップ入れ中心の案件から挑戦するのがおすすめです。

 

自分のスキルが時給何円になるのか計算できるようになると、モチベーションが上がりますし、向上心も持てるようになるでしょう。

もしクラウドソーシングで効率良く稼げるようになるなら、フリーランスの動画クリエイターとして独立するという選択肢も出てきますよ。

 

Adobe Premiere Pro(アドビプレミアプロ)のメリット・デメリット

プレミアプロのメリットとデメリットを理解した上でソフトを使うかどうかを選びましょう。

まずはメリットからご紹介していきます。

 

メリット

メリットは下記。

  • お試し期間がある
  • 使いたい時だけ使える
  • 操作が直感的
  • 情報が多く問題解決が容易

 

お試し期間がある

まず、サブスクリプション制のプレミアプロはお試しが可能です。

一週間無料で使用できるので、使ってみて合うかどうかを検討できるのが魅力。

 

他の買い切りソフトでは、テストで十分な機能が使えなかったり、ロゴマークが入ったりするので実際の使い心地とは異なる場合が多いのです。

一方、プレミアプロなら問題なく使えるので、お試し期間で機能をフル活用して利用を検討できます。

 

使いたい時だけ使える

またサブスクリプション制のソフトなので、使わない時は解約してしまえば問題ありません。

利用する時のみ契約するといった柔軟な使い方が可能なのもプレミアプロのメリットです。

 

ただし、解約する時は解約料がかかる場合があります。

解約料を0にする裏技もありますので、まずは下記記事をご覧ください。

 

操作が直感的

プレミアプロは他のソフトに比べて操作が直感的というメリットがあります。

感覚で操作可能なので、難しく考えずに利用可能。

 

もちろん、機能を十二分に発揮するには書籍で勉強する必要がありますが、まず慣れるために色々いじってみるのもおすすめです。

 

情報が多く問題解決が容易

プレミアプロはユーザーが極めて多いソフトなので、問題とその解決法が大抵ネットに転がっています。

書籍で解決できない状況になったとしても、Googleなどで検索すればすぐに解決が可能です。

 

そういった意味合いでも利用しやすいソフトといえるでしょう。

 

デメリット

一方、Adobeプレミアプロのデメリットは次の1点のみです。

  • 買い切りではなく、月額料金が発生する

 

買い切りではなく、月額料金が発生する

買い切り制ではなく、サブスクリプションのみの販売となっているため、月額料金が発生します。

毎月料金を支払う必要があるので、長期間の利用となると出費が大きくなる点には注意してください。

 

ただ、初期費用が安いという点はメリットといえるかもしれません。
過去、買い切り版のプレミアは数万円で販売されていましたが、サブスクリプション版は一括で払う必要がないので、導入しやすい点は嬉しいポイントです。

 

Adobe Premiere Pro(アドビプレミアプロ)の値段は?

Adobeプレミアプロの値段について説明していきましょう。

 

月額2480円で利用可能

結論として、月額2480円でプレミアプロは利用可能です。

プランとしては、プレミアプロ単品のプランと、様々なAdobe製品を利用できるコンプリートプランがあります。

 

単品プランが2480円/月、コンプリートプランが5680円です。

単純な動画編集をしたいだけなら単品プランがおすすめ、エフェクトなどを利用した高度な動画を作成したり、イラストレーターやフォトショップを利用したい場合はコンプリートプランを選択しましょう。

 

学生・教職員なら割引で1980円で利用可能

また、学生・教職員なら割引価格でコンプリートプランを利用できます。

1980円/月なので、約60%オフで利用可能。

 

学生や教職員なら絶対に割引を利用して導入しましょう。

 

補足:Adobe Premiere Pro(アドビプレミアプロ)の買い切り版はまだ売ってる?

最後に補足として、Adobeプレミアプロの買い切り版についてお話しておきます。

 

買い切り版はもう販売していない

結論として、Adobeプレミアプロの買い切り版は現在、販売しておりません。

過去は約9万円ほどのAdobeプレミアプロCSが販売されていましたが、現在はサブスクリプション版のAdobeプレミアプロCCのみの展開です。

 

買い切り版の方が利用しやすかったという場合もあるでしょうが、海賊版などの存在もあり、買い切り版は購入できないようになっています。

他のECサイト(Amazonなど)でも購入できませんので、今後購入できるようになることもおそらくないでしょう。

 

 

まとめ

以上、Adobeプレミアプロを勉強る際のおすすめの本をご紹介しました。

結論としては下記の本がおすすめです。

  • 知識ゼロからはじめる Premiere Proの教科書 CC対応
  • プロが教える! Premiere Pro デジタル映像 編集講座
  • Premiere Pro プロが教える知っておくべき効率&品質アップテクニック!
  • Premiere Pro パーフェクトガイド

 

それぞれ初心者・中級者・上級者向けといったように対象が異なるので、自身のレベルに合った本を購入しましょう。

 

また、Adobeプレミアプロを勉強するためのステップは下記です。

  • 書籍を熟読して動画を作成してみる
  • 足りない部分はYouTubeなどの動画教材を利用する
  • 作った動画はYouTubeなどの配信サイトにアップする
  • ある程度スキルがついたらクラウドソーシングで案件を受注してみる

 

特に後半のYouTubeへの投稿や、クラウドソーシングでの活動は一気にスキルが伸びますので、絶対に実践してください。

しっかりスキルアップした一流の動画クリエイターを目指しましょう!

 

 

 

——————————————————————————————————

>>詳しくは画像をクリック!

完全未経験から動画編集を学んで稼げるようになるにはどうすればいいの?

・動画編集初心者だけど、どこで学んだらいいか分からない・・・

・動画編集のスキルを身につけて、堅実に副業で稼げるようになりたい・・・

・動画編集のスキルを身につけたけど、肝心の稼ぎ方が分からなくて困っている・・・

・在宅で大きな金額を稼げるようになって、悠々自適に暮らしたい!

・月に5万円でもいいから動画編集スキルを学んで稼げるようになりたい!

 

もしもあなたが上記のように思われているのであれば、

ぜひM・Eアカデミーの「無料動画編集LINE講座」を受講してみてください。

 

動画編集のスキルはもちろん、稼ぐために必要な情報を無料でお伝えしています。

ちまたのスクールや教材では学べない「案件の取り方」までお伝えしていますので、かなり役立つ講義となっています。

 

しかし、無料で受講できるのは今だけになります。

 

完全初心者向けに作っている講座ですので、ぜひお気軽にご登録ください。

 

→無料で動画編集で稼ぐために重要なスキルを学ぶ

ソフト
miyatakuをフォローする
M・Eアカデミー公式メディア〜動画編集のやさしい講座・スクール〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました