【副業で月5万!】動画編集スキルを無料で身につけませんか?

完全初心者に向けた動画編集スキル講座を無料で行っています

【今だけ無料!】動画編集講座~準備編~の詳細はこちら

【暴露】動画編集を本業にすることはできるのか?徹底調査しました。

初心者

「動画編集を本業にできるの?」

「動画編集は初心者でも本業にできる?」

「動画編集を本業にして独立は可能なの?」

 

これをご覧になっている方はと思っているのではないでしょうか?

 

今回は、動画編集を本業にできるのかということについて徹底調査しましたので、是非参考にしてみてください。

 

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

動画編集は本業にできるのか?

結論からいえば、「本業にできる」ということです。

その理由として動画市場は今後一層の成長を望めるからです。

 

スマホは登場して10年で急激に普及しコモディティー化(一般化)しました。

情報通信白書によればモバイル端末の普及率はすでに90%を超えています。

 

例えば、スマホで下調べをして買い物に出かけ、買ってきたものの使い方を動画で確認するといったことは日常茶飯事です。

 

料理レシピを検索したり、人気ユーチューバーの動画を視聴したり、私たちの生活に動画を見るという習慣は切っても切り離せなくなっています。

 

すでに動画をみる環境は整っているのに加えて、5Gのテクノロジーの台頭もあり、ますます動画市場が活況を呈していくものと思われます。

 

なので、これに伴って動画編集業務も増え続けることが容易に想像ができます。

以上、動画編集業務の動向についてご紹介しました。

 

次に動画編集を本業にするためのポイントについて解説をします。

動画編集を本業にするためのポイント3つ

それでは、動画編集を本業にするためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

まずは動画編集においておさえるべきポイントは以下の3つあります。

なぜなら、これらのポイントを踏まえることで、動画編集を本業にする第一歩につなげることができるからです。

1.動画編集を上達させる
2.ポートフォリオを作成する
3.発信力をつける

それではこのポイントについて詳しく解説していきます。

動画編集を上達させる

第一に動画編集を上達させることが必要です。

というのは、この動画編集のクオリティーによって仕事の依頼につながったり、仕事の単価が上がったりするからです。

 

動画編集とはカット編集、テロップ入れ、BGM挿入の3つ構成からなっています。

 

案件によっては企画の撮影段階から参加することもありますが、基本的にはこの3つの作業を修正・確認を繰り返し納品することになります。

その動画編集を上達させる上で必要な作業について以下の通り解説しました。

カット編集作業

動画のカット編集スタイルは人によって違いますが、大胆にザクザクとカット作業をすることをおすすめします。

 

なぜなら、全体を見ながら大胆にカットしてあとで微調整をする方が効率的に仕上げることができるからです。

 

なお、最初はいろいろ迷ってしまい、作業に時間がかかってしまいますがまずはたくさんカット編集作業を経験して、効率的に仕上げるよう心がけることをおすすめします。

 

またその作業の中で表現力や編集力も高めていきましょう。

テロップを入れる

テロップについては事前にルールを決めておきましょう。

それは、ルールを決めることによって作業効率をあげることができるからです。

 

例えば、
○タイトル用のテロップの色、フォント、サイズ
○字幕用のテロップの色、フォント、サイズ
○強調する時の色


これらをあらかじめに決めてマニュアル化しておきましょう。

すると、作業時間を短縮することができ、早く仕上げることができるようになります。

BGMを選ぶ

音楽に関しては、動画にあった音楽を組み入れることで、映像の魅力をより強く引き出し一層魅力的な作品が仕上がります。

 

ただし、その音楽についての著作権を確認し、その音源のライセンスは有料、無料なのかそして商用利用可能かどうかを注意する必要があります。

ポートフォリオを作成する

動画編集のポイントがわかったら、あなたのポートフォリオを作成しましょう。

 

それによって、あなたの技術力やあなたの動画の傾向を理解しやすくなり発注者側が検討しやすくなるからです。

 

そこで出来上がった動画は、あなたのWEBサイトやポートフォリオサイト、YouTubeにアップして実績をきれいに整理してまとめておきましょう。

 

発信力をつける

ここまでが揃ったら、次は発信力をつけましょう。

発信していくことが、いわゆる営業活動になり、仕事の受注につながりやすくなるからです。

例えば、Twitterやブログ、YouTubeなどが挙げられます。

次に、これらについて解説します。

Twitter

あなたの作品や状況を発信するツールとしてはTwitterは大変有効です。

 

例えば、アカウントを作って以下のように駆使すれば、動画編集のノウハウや情報を収集できたり、顧客を獲得できる可能性もあります。

 

1.動画編者やクリエイター、有名なユーチューバーなどをフォローする。
2.あなたが制作した動画をアップして、どれだけの反応があるのかを確認する。
3.動画編集の仕事を募集しているツイートにコンタクトをする。
4.同業者との交流して情報交換する。

ブログ

あなたのWEBサイトを作り、あなたの作った動画を埋め込みましょう。

 

これによって、幅広い人に発信することができ、この動画についての詳細な説明やあなたの経歴について紹介することができます。

 

そしてこの動画についての問合せを受け付けることもできるので、仕事を獲得する上であなたにとって大変有益なツールとなります。

 

おまけに、あなたのWEBサイトのセンスをアピールする大切な場所なので十分時間をかけてサイトの構成を考えて表現する必要があります。

YouTube

あなたのYouTubeチャンネルを開設して動画作品をアップしましょう。

これによって、あなたの動画が視聴者からどのくらい評価を得ているのか簡単にわかります。

再生回数が多い動画を投稿しているのであれば、仕事の依頼につながる可能性は十分にあります。

 

ただし、その他の方法として、限定公開機能を使ってポートフォリオ動画だけをアップすることもできます。

動画編集を本業にするメリット・デメリット

動画編集を本業にする上であらかじめメリット・デメリットを理解しておきましょう。

事前に理解しておけば、ある程度の予測をしながら活動していくことができるからです。

 

メリット・デメリットそれぞれ3つについてご紹介します。

メリット

動画編集を本業にする上でのメリットは、3つあります。

1.初心者でも始められる
2.成長市場で仕事ができる
3.再生回数が伸びるほど単価が上がる可能性がある

 

それではこれらについて以下の通り解説します。

初心者でも始められる

なんといっても初心者でも手軽に始められ、また動画編集は時間や場所を選ばないのでいつでもどこでもとりかかれるということです。

 

また、アニメーションやグラフィックといった凝った動画を制作する動画編集スキルについてもオンライン講座などを利用することで割とすぐに身につけることができます。

 

その他、イラストや音楽など無料の素材がたくさんありますので、動画を編集することが簡単になってきているのは事実です。

たくさんの動画編集を経験して表現力を高めることができるようになります。

成長市場で仕事ができる

最初にご説明しましたが、動画編集市場は発展の一途を辿っています。

2020年は高速通信の5Gが浸透していきますので簡単に動画をみる環境がますます整ってきます。

そうすると動画編集の仕事のニーズも必然的増えることは間違えなさそうです。

再生回数が伸びると単価が上がる可能性がある

あなたが納品した動画は再生回数によって評価で決定されます。

 

なので、再生回数が伸びると、あなたの実績も評価され、次回の受注につながったり受注単価が上がる可能性があります。

 

また、ポートフォリオが充実してくると、競争率の高い案件でも受注しやすくなります。

デメリット

動画編集を本業にする上でのデメリットは、

 

1.作業に時間がかかる
2.安い単価から始める必要がある
3.仕事の内容によっては機材やアプリのさらなる投資が必要になる

 

という3つが挙げられますので、これについて解説しました。

作業に時間がかかる

動画編集は手間がかかる作業で、10分の動画でも編集して仕上げるには数時間要すると言われています。

 

とりわけ人気ユーチューバーに至っては数分の動画でも半日以上をかけて編集していると言われています。

 

この作業を簡単に短縮する方法や手間をかけずに編集する方法というのはないのが現実です。

 

なので初心者であっても機材の性能をあげたり、パソコン環境を整えたり、あなたにできることから初めてみることをおすすめします。

 

また、受注単価が上がってくれば編集部分を外注して時間短縮することも可能になります。

単価の安い仕事から始める必要がある

クラウドソーシングサイトをのぞいても、仕事の依頼はたくさんありますが、初心者にはなかなかハードルの高いことです。

 

また、単価の高い案件はクラウドソーシングサイトでも競争率が高く受注するのにも至難の技のようです。

 

確かに、未経験から始めると経験を得るために安価な案件を引き受けてしまいがちですが、あまり安い案件を受けるのは避けるようにしましょう。

 

できれば、少し難しい案件でも受注できるように一つずつ着実に実績として成果を挙げ、あなたのポートフォリをを充実させてていくことをおすすめします。

初期投資、仕事の内容によっては機材やアプリのさらなる投資が必要になる

動画編集を本業にするには高性能なパソコンと有料の動画編集ソフトを揃える必要があり、高額な初期投資が必要です。

 

例えば、パソコンは機種にもよりますが、本業にできるようなパソコンであれば、30万円前後、専用の動画編集ソフトは月々6,000円はかかります。

 

さらに案件によっては、ハイスペックなパソコンなどが必要になったりするのでどうしても高価になりがちです。

 

安定して受注ができるようになれば初期投資の回収は可能になりますが、初心者にとっては大きな負担になります。

 

ただし、長期的にみるとパソコンやアプリへの投資は大きなリターンをうむ原資になります。

動画編集の月収と仕事の見つけ方

動画編集について実際いくら稼げるのかということとどうやって仕事を探すのかについて紹介します。

動画編集の平均月収

一般的にいわれているのが動画編集の仕事の平均年収は350~450万くらいといわれています。

 

作業別に見ますと、
・テロップ入れやカットのみ 約5,000円
・動画編集 約5,000円〜20,000円

 

継続的に仕事を受注できれば、初期投資も早い段階で回収は可能だといえます。

仕事の見つけ方

動画編集の仕事を以下の3つの方法で見つけることができます。

1.クラウドソーシングサイトの活用
2.直接営業
3.ブログ・SNSでの発信

 

以下、これらについて解説しました。

クラウドソーシングサイトの活用する

初心者や長年動画編集の仕事を続けている人、いずれの場合も、クラウドソーシングのサービスを利用することで簡単に仕事を見つけることができます。

 

そこで、有名なサイトを以下の通り3つご紹介します。

・クラウドワークス
・ランサーズ
・ココナラ


クラウドワークスやランサーズではでは様々な案件を探すことができ、ココナラであればあなたの動画編集スキルを販売することができます。

 

ここで仕事を受ける上で、あまり単価の安い案件を引き受けることはおすすめしません。

 

どんなに安い案件でも、作業については同じように時間はかかり、修正依頼を受け、手間をかけて納品しても単価が安いと次回につながるモチベーションになりません。

 

または、作業自体が嫌になってしまうこともあります。

むしろ少し難易度の高い案件にチャレンジしてあなたのポートフォリオを充実させましょう。

 

直接営業をする

最もスタンダードな方法で、あなたの作品を持ち込むという方法です。

DVD形式やタブレットなどであなたの動画を紹介しましょう。

 

直接会ってあなたの作品を紹介することで相手の反応がすぐにわかったり、その場で率直な意見が聞けたりするので大変有効な機会になります。

 

または、企業のWEBサイトに直接あなたの動画サイトを紹介しましょう。

これであればたくさんの企業にアピールできるので有効な手段といえます。

 

その他、経営者などが企画するビジネスイベントに参加していろんな業種の方と会ってみることもおすすめします。

ブログ・SNSで発信する

クラウドソーシングサイトは簡単にたくさんの案件を見つけられる反面、運営サイトの手数料の高いというデメリットもあります。

 

やはり、直接受注した案件の単価は高くなりますので、ブログやSNSからあなたの作品を発信して直接受注につなげましょう。

 

SNSの発信方法については先ほどご紹介しましたし、SNS上で実績を作っていけば、動画編集依頼をつぶやいているアカウントにすぐにコンタクトをとってすぐにあなたの動画について紹介できます。

 

例えば、#動画編集などハッシュタグで検索に引っかかりやすくするということもできます。

まとめ「動画編集を本業にするために」

動画編集を本業にするにあたり、以下について解説しました。

・おさえておくべきポイント
・メリットとデメリット
・収入と仕事の探し方

 

2020年の動画と動画関連市場は大きく躍進することは必至です。

 

そこで、動画編集を本業にしようと検討される方に、このサイトを参考にしていただけると幸いです。

 

 

——————————————————————————————————

>>詳しくは画像をクリック!

完全未経験から動画編集を学んで稼げるようになるにはどうすればいいの?

・動画編集初心者だけど、どこで学んだらいいか分からない・・・

・動画編集のスキルを身につけて、堅実に副業で稼げるようになりたい・・・

・動画編集のスキルを身につけたけど、肝心の稼ぎ方が分からなくて困っている・・・

・在宅で大きな金額を稼げるようになって、悠々自適に暮らしたい!

・月に5万円でもいいから動画編集スキルを学んで稼げるようになりたい!

 

もしもあなたが上記のように思われているのであれば、

ぜひM・Eアカデミーの「無料動画編集LINE講座」を受講してみてください。

 

動画編集のスキルはもちろん、稼ぐために必要な情報を無料でお伝えしています。

ちまたのスクールや教材では学べない「案件の取り方」までお伝えしていますので、かなり役立つ講義となっています。

 

しかし、無料で受講できるのは今だけになります。

 

完全初心者向けに作っている講座ですので、ぜひお気軽にご登録ください。

 

→無料で動画編集で稼ぐために重要なスキルを学ぶ

初心者
takeをフォローする
M・Eアカデミー公式メディア〜動画編集のやさしい講座・スクール〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました