【副業で月5万!】動画編集スキルを無料で身につけませんか?

完全初心者に向けた動画編集スキル講座を無料で行っています

【今だけ無料!】動画編集講座~準備編~の詳細はこちら

動画編集を学ぶ際のポイントを解説!独学でも編集スキルは身につく!

初心者

「動画編集を学びたいけど、何処で学べばいいかわからない」

「どのレベルまでスキルを身につければ、動画編集を副業にできるの?」

「独学で最後までやりきる自信がない

 

一見、動画編集を学ぼうと考えるとハードルがとても高いような気がしてしまいます。

ここでは動画編集を身につける上で抑えるべきポイントを解説していきます。

 

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

動画編集を学ぶことは難しいのか

結論から申し上げると、動画編集は自宅でも簡単に学ぶことができます。

近年では副業として動画編集で収益を上げている人が増えていますから、そのような人をサポートするようなツールや動画が増えてきています。

そのようなツールや動画を駆使すれば動画編集を学ぶことは十分に可能です。

 

また、SNSで動画をアップロードする人も増えていますから、スマホで簡単に編集できるアプリも数多く登場しています。

動画編集を学ぶ方法

では具体的にどのような学び方があるのでしょうか。

1つずつ解説していきます。

オンラインスクールで学ぶ

確実にスキルをに見つけるのであればオンラインスクールで学ぶ方法があります。

メリット

・プロの講師によるわかりやすい解説
・体系的に学習できるよう作成されたカリキュラム

効率よく学習するためのカリキュラムが組まれていますから、紹介する方法の中でも最速で学ぶことができるでしょう。

 

デメリット

・費用が掛かる

オンラインスクールを利用する上で躊躇してしまうのが費用面ではないでしょうか。

スクールによってはセールを開催してくれることもありますし、副業として収益を上げることができればすぐに回収することも可能です。

副業として動画編集で収益を上げたい人におススメの方法になります。

YouTubeの動画で学ぶ

近頃はYouTube上に動画編集の解説動画が数多く存在しています。

 

メリット

・費用がかからない
・ネット環境があれば外出先でも気軽に視聴できる
・使用ソフトのチュートリアル動画が豊富にある

YouTubeのメリットは何より費用が掛からないことではないでしょうか。

技術があり、教え方がうまい人のチャンネルに出会うことができればそれだけで動画編集について学ぶことができます。

 

デメリット

・不明点が出てきたときに質問ができない
・自分で情報の取捨選択をする必要がある

全て自分で完結させなければいけないというのはデメリットになる場合もあります。

必要な知識を自ら検索したり、技術のある人のチャンネルを自分で探したりしなければなりません。

 

ある程度時間にゆとりのある人や、基本的なスキルくらいは身につけている人におすすめの方法です。

実際にアプリやソフトを利用して学ぶ

習うより慣れよ」のような形になりますが、実際にソフトを使ってみていろいろな作業をこなすことでスキルを身につける方法です。

時間をかければスキルは身につくでしょうが、効率としては決して良いとは言えません。

動画視聴などと並行して行うのが良いでしょう。

書籍から学ぶ

アナログな形にはなりますが、書籍から学ぶ方法もあります。

ネット環境が無くても学ぶことができることが魅力ではありますが、費用がかかる割には効率の良い方法とは言えません。

また実際に動いている画面を見るわけではないですから、人によってはイメージをつかむことは難しいかもしれません。

 

以下おすすめの書籍を紹介します。

プロが教える!Premiere Pro デジタル映像編集講座

画像出典元:Amazon

Amazonの売れ筋ランキングで1位になっている書籍です。

図解が多く初心者向けの内容となっており、Adobe Premiere Proを使用するのであればとりあえず買っておいて間違いない内容になっています。

商品ページはこちら

 

iMovieの限界を超える 思い通りの映像ができる動画クリエイト
画像出典元:Amazon
iPhoneやMacのiMovieを利用している人におすすめの1冊です。
標準でインストールされているiMovieから動画編集を学ぶ人も多いでしょうから、手軽に取り組みたいと考えている人にとってはちょうど良い内容になっています。
YouTube Perfect Guidebook
画像出典元:Amazon
YouTubeで本格的に副業を始めたい人におすすめです。
動画編集のポイントだけでなく、収益化までのプロセスやブランディングのポイントまでを図解で丁寧に解説してくれています。
この1冊でYouTubeの基本は確実にマスターすることができます。

 

大学で学ぶ

本格的に映像制作を学ぶことで本業として生計を成り立たせたいのであれば、極端な話ではありますが学校に通って学ぶ方法もあります。

もちろん時間や費用は掛かりますが、本格的なスキルを確実に身につける方法であると言えるでしょう。

 

以下映像制作について学ぶことができる大学を紹介します。

駿河台大学【メディア情報学部 メディア情報学科】

画像出典元:駿河台大学

埼玉県飯能市 初年度納入金:134万5000円

詳細はこちら

大阪芸術大学【芸術学部 映像学科】

画像出典元:大阪芸術大学

大阪府南河内郡 初年度納入金:179万円

詳細はこちら

日本映画大学【映画学部 映画学科 編集コース】

画像出典元:

神奈川県川崎市 初年度納入金:188万円

詳細はこちら

 

動画編集を学ぶ上で最初に身につけたい基本スキル

次に動画編集をする上で必要な基本スキルについて解説していきます。

以下のスキルを身につけることができれば、クラウドソーシングで仕事を受注することが可能になります。

カット

素材となる動画のうち、余分な部分を切り取る作業です。

講演会の録画やインタビューの動画などで、無言の部分や不必要な部分を切り取る作業が基本になります。

不必要な部分であるかどうかの判断は経験やセンスが問われます。

 

この作業によって長さやテンポが決まり、動画自体の見やすさが決まると言っても過言ではありません。

単純な作業であるからこそ、正しく身につけたいスキルであるともいえます。

テロップの挿入

音声に合わせて字幕を挿入する作業です。

単純に字幕を入れるだけであればそこまで難しい作業ではありません。

しかし、話し手に合わせてフォントや色を変えたり、文字サイズを変更して強調したりと拘れる要素が多い分センスが問われる作業であると言えるでしょう。

 

また動画によってはテロップと特殊な効果を組み合わせる場合もあり、スキルを要求される作業であるともいえます。

効果の挿入

場面が転換する際のアニメーションや、状況に合わせた効果音を挿入する作業です。

ただカットして字幕を付けただけの動画ですと、単調すぎて視聴者に飽きられてしまします。

アイキャッチ画像を挿入したり、スロー再生を取り入れたりと様々な工夫を凝らすことでオリジナリティも出せるでしょう。

 

PowerPointでスライドを作る際のアニメーションもそうですが、効果はただ入れればよいというものでもありません。

効果的なタイミングで適切な効果が入れられるかを見極めるには、研究と練習が必要になります。

身につけたスキルを実践する方法

次に実践編の解説です。

途中で挫折しないためには、身につけたスキルを実践して成果を出すことでモチベーションを維持することが重要になります。

ここでは効果的な実践方法について解説していきます。

YouTubeで参考にしたい動画を見つける

まずは目標となる動画や配信者をYouTuberから探しましょう。

「学ぶ」の語源は「真似ぶ」から来ているとも言われますから、理想的な配信者の動画を参考に真似してみることをおすすめします。

そのうえで「自分だったらこうする」「こうしたほうが興味を持ってもらえそうだ」という気づきがあれば、編集に反映させてオリジナリティを出すのが良いでしょう。

自己紹介動画の作成

次に自己紹介の動画を作成してみましょう。

自己紹介動画ですから見る人に飽きられては困るわけです。

また自分がアピールしたい箇所も明確にわかるでしょうから、動画内で意図的に濃淡をつける練習にもなります。

 

さらに自己紹介動画をポートフォリオとして活用することで、仕事を受注しやすくなるので一石二鳥です。

クラウドソーシングで仕事を受注してみる

次に作成した動画を第三者に評価してもらいましょう。

クラウドソーシングで仕事を受注すると、動画編集に責任が生まれますから中途半端な作業はできなくなります。

また作成した動画に対して収益が発生しますから、継続していくためのモチベーションにもなります。

 

クラウドソーシングサイトは以下の2つがおすすめです。

CrowdWorks
画像出典元:CrowdWorks
ランサーズと並ぶ2大クラウドソーシングサービスの1つです。
動画編集の案件は1件当たり3,000~5,000円あたりが相場となっていますが、特殊技能の有無や経験によって単価を上げていくことができます。
登録にも時間はかからないので、ぜひ登録してみてください。
ランサーズ
画像出典元:ランサーズ
CrowdWorksと比較してもそこまで大きな違いはありませんが、ランサーズの方がクラウドソーシングサービスの歴史は長くなります。
一般的には複数のサイトに登録をして、効率よく案件を受注できるような態勢を取る人が多いようです。
迷ったらランサーズとCrowdWorksに登録をしておけば間違いないでしょう。

動画編集が学べるおすすめのオンラインスクール

ここで動画編集について学ぶことができるオンラインスクールについていくつか紹介します。

Udemy

画像出典元:Udemy

アメリカ発祥の世界最大規模を誇るオンラインスクールです。

全世界で3000万人をこえる受講者がおり、講座数も10万講座をこえるため安心して利用することができます。

買い切り型の教材なので一度購入すると永久に視聴することができ、月額料金がかかるサイトに比べてお得に活用できます。

また定期的にセールを実施しており、24,000円の教材が1,600円で購入できるなど、割引額が大きいことも特徴です。

詳細はこちら

 

Tech Academy

画像出典元:Tech Academy

こちらもweb上で完結するオンラインスクールです。

動画編集コースは最短1か月で149,000円のコースから3か月249,000円のコースがあります。

Adobe Premiere Proを使いこなすことを目標としており、現役動画クリエイターがパーソナルメンターとしてサポートしてくれるのも特徴です。

詳細はこちら

 

たのまな

画像出典元:たのまな

ヒューマンアカデミーが提供するAdobe Creative Cloudに特化したオンライン講座です。

最大の魅力はAdobe Creative Cloudのサブスクリプションが付属することです。

ソフトに特化した学習のため、確実にスキルを身につけることができます。

詳細はこちら

 

まとめ

動画編集を学ぶ方法について解説して参りました。

一見始めるのにハードルが高いように感じてしまいますが、動画の需要に合わせて動画編集を学ぶためのサポートは充実しています。

動画の市場はこれから先も成長していくことが予想されていますから、それに合わせて動画編集者も需要が高まっています。

この記事を参考に、ぜひ動画編集のスキルを身につけてみてください。

 

 

——————————————————————————————————

>>詳しくは画像をクリック!

完全未経験から動画編集を学んで稼げるようになるにはどうすればいいの?

・動画編集初心者だけど、どこで学んだらいいか分からない・・・

・動画編集のスキルを身につけて、堅実に副業で稼げるようになりたい・・・

・動画編集のスキルを身につけたけど、肝心の稼ぎ方が分からなくて困っている・・・

・在宅で大きな金額を稼げるようになって、悠々自適に暮らしたい!

・月に5万円でもいいから動画編集スキルを学んで稼げるようになりたい!

 

もしもあなたが上記のように思われているのであれば、

ぜひM・Eアカデミーの「無料動画編集LINE講座」を受講してみてください。

 

動画編集のスキルはもちろん、稼ぐために必要な情報を無料でお伝えしています。

ちまたのスクールや教材では学べない「案件の取り方」までお伝えしていますので、かなり役立つ講義となっています。

 

しかし、無料で受講できるのは今だけになります。

 

完全初心者向けに作っている講座ですので、ぜひお気軽にご登録ください。

 

→無料で動画編集で稼ぐために重要なスキルを学ぶ

初心者
daiiiisanをフォローする
M・Eアカデミー公式メディア〜動画編集のやさしい講座・スクール〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました