【副業で月5万!】動画編集スキルを無料で身につけませんか?

完全初心者に向けた動画編集スキル講座を無料で行っています

【今だけ無料!】動画編集講座~準備編~の詳細はこちら

動画クリエイターの年収はいくら?未経験から映像編集者になる方法!

初心者

「動画クリエイターの年収っていくらくらいなの?」

「動画クリエイターの仕事ってどういったものがあるの?」

「動画クリエイターになる方法は?」

上記のようにお考えではありませんか。

 

当記事では動画クリエイターの年収から、クリエイターになる方法を解説していきます。

 

 

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

動画クリエイターの年収は300〜400万円程度

結論からいうと、動画クリエイターの年収は300万円〜400万円ほどが平均と言われています。

平均年収でいえば、決して高い水準ではないため動画クリエイターは、収入よりもやりがいを優先する仕事といえるでしょう。

 

動画を作って人を喜ばせたい、感動させたいといった気持ちが強い人でないとつとまらないものです。

 

ただし、動画クリエイターと一言で行っても、ディレクターや編集オペレーター、音声、フリーランスなど立場はさまざまなので、一概に年収が低いとは言えないのが現状。

中には高収入な動画クリエイターも存在します。

 

次項では、比較的収入が多い動画クリエイターについて紹介していきましょう。

 

大手企業の動画クリエイターは年収700万円〜1000万円以上も可能

大手企業(広告代理店やテレビ局)の動画クリエイターは立場にもよりますが、年収700万円〜1000万円、またはそれ以上の報酬を得る方もいるようです。

 

動画クリエイターは、収入の幅がとても広く、低収入から高収入の方まで存在します。

テレビ局などのプロデューサーやディレクタークラスになれば、かなりの高収入が期待できるでしょう。

 

ただし、動画編集の実力は当然ながら、学歴も必要とされる点には気をつけてください。

 

単純に動画を作れるから入社できるというわけではありませんので、まだ高校生以下の時点でテレビ局などに入りたいと考えているなら、勉学に励むことをおすすめします。

 

個人の動画クリエイター(YouTuberなど)は収入に限界がない

そして今一番注目されているのが個人の動画クリエイターですよね。

YouTuberを筆頭に、動画を個人で作る人が増えています。

 

そのメリットは限界のない収入。

YouTuberの第一人者のHIKAKIN氏は年収が十数億円以上とも言われています。

※詳細な数値は不明であくまで噂です。

 

登録者100万人〜200万人レベルで月収1000万円ほどまで到達するようなので、非常に夢がありますよね。

登録者数万人〜10万人で生活には何不自由ないという人もいるので、やはりYouTuberは夢がある仕事と言えるでしょう。

 

ただし、ほとんどの動画クリエイター(YouTuber)は、収益化のボーダーラインを超えることができないのも現状です。

狭き門ですが、挑戦する価値は十分あるものと言えるでしょう。

 

動画クリエイターの仕事の幅は広い

また、動画クリエイターという言葉は、動画制作をする人という意味なので、非常に幅が広い言葉です。

下記のように働く場所もさまざま。

  • テレビ局
  • 広告代理店
  • 映像制作会社
  • 副業で動画編集を進める
  • フリーランスの動画クリエイター

 

テレビ局

動画クリエイターといって最もわかりやすいのはテレビ局の編集者でしょう。

まさに憧れの職業。

 

テレビは最も国民が見る動画媒体なので、テレビ番組の編集・ディレクションができるのは名誉なことです。

ただし、テレビ局に勤めるのは非常に狭き門で、地方はまだしもキー局になると東大、慶応など高学歴が必須。

 

テレビ局で動画編集をしたいなら、技術以上に学歴を磨く必要があるでしょう。
とにかく勉学に励むことをおすすめします。

 

広告代理店

広告代理店は、企業に代わって広報活動をサポートする企業です。

大企業の広告を代理する場合はスケールの大きな仕事になり、その分責任のある動画の作成に携われます。

 

広告代理店の動画広告制作は映像作品を作るのはもちろんですが、CMや動画広告に関する動画を中心に制作するので、プロモーション系の動画を制作したい場合におすすめです。

 

映像制作会社

映像制作会社は、クライアントの要望に応えるために幅広い動画制作をします。

時にはストーリーのある映像を作ることもあれば、プロモーション・CMのような動画を作成することも多いでしょう。

 

とにかく動画全般を請け負う会社なので、動画制作に興味がある方なら、スキルを磨きつつ楽しく仕事ができますよ。

 

副業で動画編集を進める

副業で動画編集を進めるのも現代の選択肢です。

昔は本業でしか動画編集を進められませんでしたが、現在はクラウドソーシングなどの発達やYouTuberの台頭などの影響で副業動画クリエイターが増えています。

 

とはいえ動画制作は非常に時間がかかる仕事なので、あまり効率が良い働き方とは言えません。

ある程度スキルが身に付いたら、本業にすることを検討してみてください。

 

フリーランスの動画クリエイター

フリーランスの動画クリエイターが現在最も人気な職業です。

いわゆるYouTuberや、そのサポートをする編集者がこちらに該当します

 

フリーランスの動画クリエイターは、収入に限界がない点がメリット。

ただしYouTuberは当たるか当たらないかは運によるところが大きいのが実情です。

 

そこで人気なのが編集者。

編集者は1本〇〇円で請け負うので安定した収入を得られます。

動画クリエイターで生計を立てるなら、編集者として業界に参入するのがおすすめです。

 

動画クリエイターに必要なスキル

次は動画クリエイターに必要なスキルをご紹介します。

下記は押さえておきましょう。

  • AdobeプレミアプロやFinal Cut Proなどの動画編集ソフトを使いこなす技術
  • 撮影技術
  • 音声の編集・録音技術
  • 顧客の希望を動画の形に落とし込む能力
  • フリーランスなら交渉力も重要

 

AdobeプレミアプロやFinal Cut Proなどの動画編集ソフトを使いこなす技術

動画クリエイターに必須なのは動画編集ソフトを使いこなす技術です。

動画を作るためにはAdobeプレミアプロやFinal Cut Proなどのプロ向けソフトを使いこなす必要があります。

 

企業の募集要項に「Adobeプレミアプロを使える」といったものもあるので、有名なソフトは使えるようにしておきましょう。

動画クリエイターのどの立場でも、ソフトが使えないと指示出しもできませんので、まずは動画編集ソフトの使い方を覚えるところから始めてみてください。

 

撮影技術

次は撮影技術です。

撮影は動画の編集者の基礎的な技術の1つ

 

素材をもらって編集をするタイプの編集者なら撮影技術は不要ですが、撮影の指示出しをする、あるいは自分自身が動画に出演するYouTuberなどは撮影しなければいけません。

カメラ機材も高価なものを揃えないと、綺麗な映像は取れないため、初期投資がかかる技術でもあります。

 

個人の動画クリエイターで、資金がない人は最新のiPhoneでもそれなりの動画が撮影できますので、まずはそこから始めてみるのおすすめです。

 

音声の編集・録音技術

音声の技術も個人の動画編集者には必要です。

音声と動画を同期するために音合わせをしたり、ボリュームを調整して聞きやすい音にしたりといった編集作業が必須

 

映画やテレビなどでは音声のみの仕事もあるので、動画の中でも音声に特に興味がある場合は、志すのもありですよ。

 

顧客の希望を動画の形に落とし込む能力

映像制作・広告代理店などで動画制作をする場合は、動画に顧客の希望を落とし込む能力が必要です。

相手が何を求めているのかを聞き出したり、顧客の求めているものを正確に動画にする、視聴者に顧客の思いを伝えるなどの能力が求められます。

 

動画制作は動画を作ればいいという単純な仕事ではなく、顧客・視聴者それぞれに満足いくものを作る必要があるというわけです。

 

フリーランスなら交渉力も重要

フリーランスなら交渉力も重要になってきます。

案件獲得・納期の設定・報酬の交渉など、動画クリエイターに直接関係ないスキルですが、生計を立てるなら必須の項目です。

 

動画を作るだけで生活できるなら問題ありませんが、フリーランスは全て自分で処理する必要があるため、マネジメントや交渉の能力も大切になってきます。

クラウドソーシングなどで、簡単に案件を取れる時代ですが、しっかり交渉を行い単価をあげたり納期を調節したりと、自分の希望に近い形で仕事を進められるようにしましょう。(もちろんクライアントが満足するのが前提です)

 

未経験から動画クリエイターになる方法は?

当記事の最後に、動画クリエイターになる方法をご紹介していきます。

  • テレビ局などの企業に入社する
  • 独学
  • スクール

の3つの選択肢があります。

 

学歴を得て、テレビ局などに入社する

学歴を得てテレビ局などの企業に入社するのが最も難しい動画クリエイターのなり方です。

大手では高学歴が必須なので、とにかく名門の大学を卒業することが前提条件。

 

現時点で高校生以下でテレビ局で働きたいとお考えの場合は、動画編集について学ぶ以上に勉学に励んで学歴を身につける方が近道です。

 

 

独学で動画クリエイターになる

一方、フリーランスや中小企業の動画クリエイターなら学歴不問な場合も多く、独学でスキルを磨くことで働ける場合もあります

独学のメリット・デメリットをご紹介しましょう。

 

独学のメリット

独学のメリットは安価で自分のペースで進められるという点。

動画編集は独学でも十分、スキルを身につけることが可能です。

 

特にYouTuberに関しては、トップのHIKAKIN氏もスクールなどには通っておらず独学で地位を確立していることから、チャンスがあるといえます。

 

独学のデメリット

一方で独学のデメリットは、モチベーションが続きにくいことや、スキル習得まで時間がかかることでしょう。

まず、目標設定が曖昧な状態で学び始めてしまうと、なかなか作業が進まず思うように勉強ができないといった状況に陥りがちです。

 

さらに、独学では効率的に勉強できない場合が多く、一定水準の動画を作れるようになるまでに時間を要する場合があります。

効率的にスキルを身につけたい場合は次項で説明するスクールがおすすめです。

 

スクールで基礎を学ぶ

スクールは現在多数存在し、動画編集を学ぶことができます。

独学に比べてメリット・デメリットがそれぞれ存在しますので、両面を把握した上で利用するかどうかを検討してみてください。

 

スクールのメリット

スクールのメリットは、下記です。

  • 効率的に学習できる
  • 一定水準のスキルに誰でもなれる

 

まず効率についてですが、スクールに通うことで最短ルートでスキルを学べます

早く成果を出したい人には最適でしょう。

 

また、一定の最低ラインを超える技術を誰でも身につけることができます。

それ以上の部分はセンスが影響してくるところですが、最低でも動画編集を請け負うレベルにはなるでしょう

 

スクールなら動画編集者として最低限のスキルを最短距離で手に入れることが可能ということ。

 

スクールのデメリット

スクールのデメリットはお金がかかるということ

金銭的な余裕がある場合はデメリットにすらなりません。

 

独学でどうしても進めるしかないといった場合以外はスクールをおすすめします。

 

上記の独学とスクールのメリット・デメリットを比較して動画編集をどう学ぶか決めてみてくださいね。

 

まとめ

以上、動画編集の年収のまとめでした。

結論をおさらいすると、下記のような内容です。

  • 一般的には年収300〜400万円
  • 大手なら年収700万円〜1000万円
  • YouTuberとして成功すれば年収数千万円〜億も可能

 

動画クリエイターに必要なスキルは下記。

  • AdobeプレミアプロやFinal Cut Proなどの動画編集ソフトを使いこなす技術
  • 撮影技術
  • 音声の編集・録音技術
  • 顧客の希望を動画の形に落とし込む能力
  • フリーランスなら交渉力も重要

 

上記スキルを独学か、スクールで磨いて動画クリエイターになりましょう!

 

 

 

——————————————————————————————————

>>詳しくは画像をクリック!

完全未経験から動画編集を学んで稼げるようになるにはどうすればいいの?

・動画編集初心者だけど、どこで学んだらいいか分からない・・・

・動画編集のスキルを身につけて、堅実に副業で稼げるようになりたい・・・

・動画編集のスキルを身につけたけど、肝心の稼ぎ方が分からなくて困っている・・・

・在宅で大きな金額を稼げるようになって、悠々自適に暮らしたい!

・月に5万円でもいいから動画編集スキルを学んで稼げるようになりたい!

 

もしもあなたが上記のように思われているのであれば、

ぜひM・Eアカデミーの「無料動画編集LINE講座」を受講してみてください。

 

動画編集のスキルはもちろん、稼ぐために必要な情報を無料でお伝えしています。

ちまたのスクールや教材では学べない「案件の取り方」までお伝えしていますので、かなり役立つ講義となっています。

 

しかし、無料で受講できるのは今だけになります。

 

完全初心者向けに作っている講座ですので、ぜひお気軽にご登録ください。

 

→無料で動画編集で稼ぐために重要なスキルを学ぶ

初心者
miyatakuをフォローする
M・Eアカデミー公式メディア〜動画編集のやさしい講座・スクール〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました