【副業で月5万!】動画編集スキルを無料で身につけませんか?

完全初心者に向けた動画編集スキル講座を無料で行っています

【今だけ無料!】動画編集講座~準備編~の詳細はこちら

【相場を知る】動画編集にかかる費用を様々な視点から解説します!

初心者

「動画編集・制作をプロに依頼するといくらかかるの」

「動画編集を副業にしたいけど、初期費用はどのくらい必要?」

「動画編集を始めるのに何を用意すればいいの?」

 

この記事をご覧の方であれば以上のような悩みを持たれているのではないでしょうか。

そこで今回は動画編集にまつわる様々な費用について解説していきます。

 

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

動画編集に関わる費用の相場について【発注者向け】

動画編集にまつわる費用は【発注者】からの視点と【受注者】からの視点で考えることができます。

まず【発注者】からの視点ですが、動画編集を専門に作業している企業やフリーランスの方に依頼することが考えられるでしょう。

動画編集は発注する相手や動画の長さ、作業量によって相場が大きく変動していきます。

最も安く発注する場合は3,000円から依頼することができますが、大手広告会社に映像制作から依頼すると最大で1,000万円以上かかることもあります。

動画編集を依頼する場合の費用

では費用の相場について見ていきましょう。

動画編集を依頼する場合は、おおよそ以下の3点が考えられます。

クラウドソーシングで依頼する

最も費用を抑えて動画編集を依頼する場合は、クラウドソーシングサービスを活用するのがおすすめです。

費用の相場は動画1本あたり3,000円~5,000円と言われています。

基本的な「カット」「テロップ挿入」「効果音の挿入」などが主な作業になります。

制作会社に依頼する

映像制作会社に映像制作から依頼をする場合、費用相場は50~300万円になります。

一見非常に高額に見えますが、これはあくまでも”映像制作”にかかる費用であり、企画や撮影まで依頼した場合にかかる費用です。

 

単純に動画編集だけを依頼すると2~10万円程度が相場になります。

クラウドソーシングサービスとは異なりアニメーションなどの特殊効果の挿入まで依頼することができます。

大手広告代理店に依頼する

大手の広告代理店に映像制作を依頼する場合は500~1000万円が相場になります。

非常に高額になりますので、大手企業が広告を作成するために依頼することになるでしょう。

一般の映像制作会社に比べ広告動画を作成するノウハウがありますから、より訴求効果の高い映像制作を依頼することができます。

動画編集のおすすめ依頼先を紹介

では具体的に動画編集を依頼する際におすすめの依頼先を紹介します。

CrowdWorks

画像出典元:CrowdWorks

CrowdWorksは代表的なクラウドソーシングサイトです。

動画編集を依頼する場合の相場は3,000円~5,000円になっており、最も安価で依頼することができます。

 

安い単価で発注することができる反面、作業をするのは副業として活動している人がほとんどですので特殊な技能を要する作業は依頼することができないでしょう。

CrowdWorks 公式サイトはこちら

 

ランサーズ

画像出典元:ランサーズ

CrowdWorksと並ぶクラウドソーシングサイトです。

依頼の相場やシステム面で比較してもCrowdWorksとそこまで大きな違いはありません。

 

募集案件の数で比較すると、動画編集作業においてはランサーズの方がやや多いようです。

CrowdWorksなどの他のクラウドソーシングサイトと併せて登録して活動している人が多いようです。

ランサーズ 公式サイトはこちら

 

ArtWorks

画像出典元:ArtWorks

動画編集のみを受注してくれる映像制作会社の数はあまり多くはありません。

中でもArtWorksは個人向けの映像制作や動画編集を受注しており、動画編集を依頼するときの相場は24,000円~となっています。

 

この費用は映像の長さや動画の画質、効果の有無で大きく変動します。

ArtWorks 公式サイトはこちら

 

動画編集を依頼する際のポイント

次に動画編集・映像制作にかかる費用の内訳やコストをカットするポイントについて解説します。

内容を詳細に知ることで無駄なく依頼したいものですね。

動画制作にかかる費用の種類

映像制作にかかる費用としては以下のものが考えられます。

人件費
撮影機材などのコスト
高画質動画の編集(HD画質や4K映像など)

 

映像制作にかかるコストはほとんどが人件費であると言われます。

制作を管理するディレクターやカメラマン、編集スタッフ、出演者など関わる人が多くなればそれだけ費用が多くかかります。

 

また訴求効果を高めるために有名タレントに出演を依頼すれば、それだけ費用が嵩んでくるでしょう。

制作費用を抑える方法

制作費用を抑えるのであれば「自分でできることは自分でやる」が鉄則です。

自身で企画したものを持ち込むのであればディレクターは必要ありませんし、自身で撮影した動画の編集だけを依頼するのであれば機材もカメラマンも必要ないということです。

 

豊富なノウハウを持つプロに依頼するメリットも大いにありますから、制作する動画の使い道やかけられる費用を正しく見積もった上で適切な依頼先を探しましょう。

動画編集を自分で行う場合の初期費用【受注者向け】

では次に動画編集で収益を上げるために必要となる初期費用について解説していきます。

パソコンを用意する

本格的に動画編集を生業とするのであればパソコンで編集をするのが基本になります。

編集する映像の画質にもよりますが、一般的な編集であればノートパソコンで十分作業することができます。

CPUをintelのCORE i7にした場合ですと、概ね130,000~200,000円程度であれば動画編集を安定して進めることができるでしょう。

 

以下おすすめのパソコンです。

Microsoft Surface Book 3

画像出典元:Microsoft

209,880円~

2in1パソコンとしてタブレットとしても利用できるのが魅力

詳細はこちら

 

マウスコンピューター DAIVシリーズ

画像出典元:mouse

139,800円~

クリエイター向けパソコンとして売り出しており、動画編集をする上で快適な機能が備わっている。

詳細はこちら

 

Mac Book Pro
画像出典元:Apple

134,800円~

編集ソフトとして有名なFinal Cut Proが利用できる。

標準の無料ソフト「iMovie」も非常に優秀

詳細はこちら

 

動画編集ソフトを用意する

動画編集のソフトは有料版や無料版のもの、有料版の中でも買い切り型や月額課金型など多様な種類が存在します。

確かに優秀な無料ソフトもありますが、有料版と比較すると機能やサポート面で差が出てしまいます。

動画編集で収益を上げることを考えるのであれば、ソフトにかかる費用は必要経費であると言えるでしょう。

有料ソフトは月額型ですと1か月あたり1,000~3,500円程度、買い切り型ですと8,000~35,000程度が相場となっています。

編集スキルを学ぶ

道具を揃えることができたら、次にスキルが必要になります。

独学で学ぶことはできますが、スクールで体系的に学ぶと最短でスキルを身につけることができるでしょう。

オンラインスクールで買い切り型の講座を用いて学ぶ方法や、大学などで専門的に学ぶ方法があります。

相場については学び方によってさまざまな種類がありますので、以下の項目で詳しく解説していきます。

動画編集をスクールで学ぶ場合の費用

では具体的にスクールで学ぶ際の費用について解説していきます。

学習のために確保できる時間や費用に合わせて学び方を選択しましょう。

オンラインスクールで学ぶ

自宅で効率よく学ぶ方法としてオンラインスクールで学ぶという方法があります。

 

オンラインスクールで学ぶメリットとして以下のものが挙げられます。

メリット

プロの講師による専門的な解説が受けられる
体系的に組まれたカリキュラムによって効率的に学ぶことができる

 

デメリットは強いて上げるとすれば費用が掛かることくらいです。

効率的に学ぶ方法としてはオンラインスクールが最適であると言えます。

 

以下おすすめのオンラインスクールを紹介します。

Udemy

画像出典元:Udemy

世界最大規模のオンラインスクールです。

買い切り型の教材を2~3万円程度で購入できるため、一度購入すると永久に視聴することができる点や自分の好きな時間に視聴することができる点が大きなメリットです。

 

また定期的に割引のセールを実施しており、24,000円の教材が1,600円で購入できるなど手を出しやすいことも大きな特徴です。

公式サイトはこちら Udemy

 

Tech Academy

画像出典元:Tech Academy

こちらは買い切りではなく受講期間に合わせて受講料を支払うタイプのオンラインスクールです。

動画編集コースは最短1か月で149,000円のコースから3か月249,000円のコースがあります。

 

Adobe Premiere Proを使えるようになることを目的としており、現役の動画クリエイターが

パーソナルメンターとしてサポートしてくれます。

 

転職活動のサポートに注力しているスクールのため、手厚い指導を受けることができます。

公式サイトはこちら Tech Academy

 

大学に通学して学ぶ

動画編集を徹底的に学ぶのであれば、極端な話ではありますが大学に通って学ぶ方法を取ることもできます。

時間や費用が掛かりますが、オンラインスクールほど自分を律する必要がなく確実にスキルを身につけることができると言えるでしょう。

 

以下映像制作について学ぶことができる大学を紹介します。

駿河台大学【メディア情報学部 メディア情報学科】

画像出典元:駿河台大学

埼玉県飯能市 初年度納入金:134万5000円

詳細はこちら

 

大阪芸術大学【芸術学部 映像学科】

画像出典元:大阪芸術大学

大阪府南河内郡 初年度納入金:179万円

詳細はこちら

 

日本映画大学【映画学部 映画学科 編集コース】

画像出典元:日本映画大学

神奈川県川崎市 初年度納入金:188万円

詳細はこちら

 

動画編集ソフトのおすすめを紹介

次に動画編集ソフトについて紹介していきます。

本格的に動画編集に携わるのであれば、機能面に拘った選択をしたいですから費用面ではなく機能面に注目しておすすめしていきます。

Adobe Premiere Pro

画像出典元:Adobe Premiere Pro

動画編集ソフト大手のAdobeからリリースされているソフトで、月額3,480円から利用できます。

実績のある動画クリエーターのも広く使用されており、映画製作の現場でも使用されるほどの人気があります。

最高級のクオリティがありますので、他のAdobe製品と組み合わせればできないことは無いと言って良いでしょう。

詳細はこちら

 

Final Cut Pro X

画像出典元:Apple

Macのみにはなりますが、標準インストールされているiMovieの完全上位互換となっています。

買い切り型で36,800円と比較的高価ではありますが、動画クリエイターからはAdobe Premiere Proと人気を二分するほどです。

 

一度購入してしまえば追加費用が掛からないところがメリットと言えます。

詳細はこちら

 

Power Director 365

画像出典元:Cyber Link

こちらはWindows限定のソフトです。

年間契約にすると割引がかかり、年間8,480円で利用することができます。

 

画面録画機能もあるため、ゲーム実況の動画を撮影して編集したい人におすすめです。

詳細はこちら

 

DaVinci Resolve

画像出典元:Blackmagic Design

有料版も販売されていますが、無料版でもプロ並みの編集が可能なソフトです。

他のソフトに比べて動作が重くなりやすいという難点がありますが、パソコンのスペックが確保できるのであればおすすめできる性能になります。

 

動作が複雑なためユーザーが少なく、解説のサイトや解説動画が少ないため注意が必要です。

詳細はこちら

 

まとめ

いかがでしたか?

動画編集に関わる費用について様々な視点から解説してきました。

 

一見高額に見えるものもありますが、これからの動画市場を考えると決して高くはない買い物であると言えます。

こちらの記事をご覧いただき、ご自身の動画編集との関わり方について考えていただく一助としていただけると幸いです。

 

 

——————————————————————————————————

>>詳しくは画像をクリック!

完全未経験から動画編集を学んで稼げるようになるにはどうすればいいの?

・動画編集初心者だけど、どこで学んだらいいか分からない・・・

・動画編集のスキルを身につけて、堅実に副業で稼げるようになりたい・・・

・動画編集のスキルを身につけたけど、肝心の稼ぎ方が分からなくて困っている・・・

・在宅で大きな金額を稼げるようになって、悠々自適に暮らしたい!

・月に5万円でもいいから動画編集スキルを学んで稼げるようになりたい!

 

もしもあなたが上記のように思われているのであれば、

ぜひM・Eアカデミーの「無料動画編集LINE講座」を受講してみてください。

 

動画編集のスキルはもちろん、稼ぐために必要な情報を無料でお伝えしています。

ちまたのスクールや教材では学べない「案件の取り方」までお伝えしていますので、かなり役立つ講義となっています。

 

しかし、無料で受講できるのは今だけになります。

 

完全初心者向けに作っている講座ですので、ぜひお気軽にご登録ください。

 

→無料で動画編集で稼ぐために重要なスキルを学ぶ

初心者
daiiiisanをフォローする
M・Eアカデミー公式メディア〜動画編集のやさしい講座・スクール〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました