【副業で月5万!】動画編集スキルを無料で身につけませんか?

完全初心者に向けた動画編集スキル講座を無料で行っています

【今だけ無料!】動画編集講座~準備編~の詳細はこちら

【初心者必見!】動画編集の求人はある?仕事内容と方法を徹底解説!

初心者

「動画編集を目指しているけど具体的に求人はあるの?」

「在宅で動画編集をする場合の求人情報はどこでみたらいいの」

「全くの初心者なんだけど動画編集の求人はある?」

と思っていらっしゃいませんか?

 

ここでは初心者でも可能な動画編集の求人情報や、内容、働き方について徹底解説します。

 

 

 

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

動画編集の具体的な求人情報とは

動画編集の求人情報を見てみると、以下のものが多い傾向にあります。

 

  • youtubeの動画編集
  • テレビ制作のための動画編集
  • 会社で上映するための動画編集

テレビ制作に加え、YouTube発信のための動画編集の求人が多い傾向にあるのです。

 

経験者に向いている具体的な案件例としては、正社員募集の求人には以下の様なものもあります。

職種
動画編集クリエイター
年収例
400万円~600万円
勤務地
東京都渋谷区
雇用形態
正社員
従業員数
30人以上50人未満
業種
広告会社
会社概要
  • 広告代理事業
  • アーティストエージェント事業
  • メディア事業
職務内容
タレントや企業などのYouTubeチャンネルにおける動画撮影・編集を行っていただきます。
応募資格
【学歴】不問
【求める経験・能力・スキル】

  • Adobe Premiere proの使用経験(目安半年以上)
  • You Tube用動画の編集もしくは撮影経験
  • 柔軟に何事も前向きに取り組める方

<歓迎要件>
・After Effectsの使用経験
・タレント、モデル、芸人などが好きで芸能に携わりたい方

 

未経験者に向いている、クラウドソーシングなどの委託業務の求人案件例は以下の通りです。

動画制作の正社員、パート、バイト募集など、雇用形態での求人の場合、月収、年収での報酬となり、編集する動画内容は選べませんが、収入は安定しているのがメリットと言えるでしょう。
反対に、委託業務で仕事をする場合、動画のジャンルを選べるメリットがありますが、動画一本あたりの報酬となる場合、収入は安定しない状態となります。
雇用形態としては無理でも、簡単な動画の契約ならできるかも…

と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

さまざまな求人案内、雇用形態があることで、動画編集はプロしかできないと諦めていた方でも、挑戦できる場所が見つかる可能性があるのです!

 

YouTube動画と一言に言っても、いろいろなジャンルの動画編集の求人が存在あります。。

例えば…以下のものがあげられます。

  • 5分程度の簡単な動画
  • 1時間もある長編動画
  • アニメ動画

自分のレベル、得意ジャンルによって選びやすいのも動画編集求人の特長と言えるでしょう。

 

 

動画編集の求人の探し方とは

動画編集の求人募集を見つけるには,いくつかの方法があります。

「初心者歓迎」の求人が比較的多く、初心者向けのものや、経験者向けのものなどがありますので、自分のレベルにあったものを選ぶと良いでしょう。

 

例えば以下の場所から求人を探せます。

  • 求人サイトを利用する
  • クラウドソーシングを利用する
  • SNSにあげている求人募集欄から直接連絡

 

求人サイトを利用する

求人募集サイトに行き、動画編集を検索すると、動画編集に関係した求人情報をたくさん得られます。

 

i求人サイトの特徴は以下の通りです。

  • リモートと通勤がある
  • 雇用形態もある
  • 比較的高額
  • 経験者を求められていることが多い

雇用形態が、業務委託(フリーランス)である場合と雇用契約である場合の両方あります。

 

副職やフリーランスとして作業したい人は委託業務、就職して働きたい人は雇用形態を選べるのがメリットです。

報酬も比較的高めの設定がなされていますが、条件として「経験者のみ」「スキルがある人を募集」というものが多い傾向にあります。

 

主な求人案内サイトは以下の通りです。

  • indeed
  • 求人ボックス

さまざまな、求人を集結しているので、自分に合ったレベル、雇用形態の仕事が見つかる可能性が高いと言えるでしょう。

クラウドワークスなどのクラウドソーシング

引用:クラウドワークス

初心者におすすめの方法はクラウドソーシングを通して求人情報を探すことです。

 

クラウドソーシングの特徴は以下の通りです。

  • 初心者歓迎案件も比較的多い
  • たくさんのジャンルが多い
  • 報酬は比較的低い
  • 委託業務(フリーランス)

クラウドワークスやココナラは「初心者歓迎」と書かれている案件が多く、動画編集を始めたばかりの人にとって、取り組みやすいというメリットがあります。

クラウドソーシングは委託業務になるので、フリーランスを始めたばかりの人や副業をしたい人にもおすすめです。

 

クラウドソーシングで募集されている動画編集のジャンルは多様で、例えば以下のものがあります。

  • 動物のyoutube動画を作成してもらいたい
  • 料理の作り方動画
  • メイクアップの動画
  • 会社の会議で提出する企画案の動画

このように、動画編集の求人項目に、どんな動画を作成してもらいたいのか具体的に挙げられていることが多いのです。

自分の得意なこと、好きなことを選んで求人の応募ができるのは初心者にとって嬉しいポイントと言えます。

動画編集に慣れるまではまず、自分の好きなジャンルの動画を編集していた方が楽しみながら作業できるからです。

 

写真者が動画編集の求人に募集しやすいクラウドソーシングは以下の通りです。

  • クラウドワークス
  • ココナラ

クラウドワークスは日本最大大手のクラウドソーシングで、多くのクライアントが利用しています。

動画案件も、初心者向けのものから、プロ向けのものまで幅が広いので、初心者にもプロにも利用しやすいのがメリットです。

 

ココナラはスキルを売り買いする大手の、クラウドソーシングで、アイデア次第でいろいろなジャンルの仕事をこなすことができます。

ココナラのリクエストには動画編集の募集もありますので、チャレンジしやすいサイトと言えます。

 

ただ、クラウドソーシングを利用すると、雇用形態と比べると報酬額が少なく、収入も安定しないことがデメリットと言えます。

いきなり高収入を得ると考えずに、クラウドソーシングを介して、報酬をもらいながら動画編集のスキルアップを目指すという考えで利用するのがいいでしょう。

 

クラウドワークスの公式ページへ行く

ココナラの公式ページへ行く

 

 

SNSにあげている求人募集欄から直接連絡

TwitterやInstagram、FacebookといったSNSには、動画編集の求人広告を出していることがあります。

自分に向いてそうな内容のものを見つけたら、思い切って直接連絡してみるのも一つの方法です。

同じ点ですが、youtubeなどの動画発信サイトにも動画編集の求人が出されることがありますので参考にしてみるのもいいでしょう。

 

自分で直接連絡することの特徴は以下の通りです。

  • 自己責任で行う必要がある
  • 手数料が取られない
  • プロ意識が高まる

直接求人報告を見てクライアントに連絡することには、自己責任が伴います。

クライアントとのトラブルも含め、全て自分で対処する必要があるのです。

 

ただ、クラウドソーシング などを介さないので、手数料がなくなり、受け取った報酬は自分のものとなるメリットもあります。

仕事の発注、作業、納品、やりとりなどは全て自分で行う必要があるので、動画編集に対するプロ意識も高まるでしょう。

 

動画編集のメリットは?

動画編集のメリットは以下の通りです。

  • 在宅で可能が仕事が多い
  • 趣味を仕事にできる

以下では動画編集のメリットについて徹底解説します。

 

在宅で可能な仕事が多い

動画編集をやることのメリットは、在宅で仕事も可能であることです。

 

スキルさえあれば、フリーランスや副業で動画編集ができるので以下の様な人に向いています。

  • 週末の暇な時間を有効活用したい
  • 動画編集が好きだから趣味を仕事にしたい
  • 子育て中で家から出れないから家でできることをしたい

先ほども紹介した通り、動画編集は、委託業務の求人も多く、在宅で仕事ができるものもあります。

パソコンとネット環境さえあれば、どこでも仕事ができるのは魅力的ではないでしょうか?

そのため、子育て中で家から出れない人や、暇な時間に副業したい人にも向いているのです。

 

フリーランスも可能

動画編集はスキルさえあれば自分で独立して稼ぐことも可能です。

パソコンとネット環境さえあれば、どこででも何時でも自由に仕事をすることが可能となります。

 

自分のライフスタイルに合わせて仕事ができるのが、動画編集でフリーランスを目指すことのメリットと言えるでしょう。

フリーランスで働いている人は主に広告動画、youtube動画などの仕事依頼をしています。

 

趣味を仕事にできる

また、友達の結婚式の動画や、パーティーの時の動画など、もともと動画作りが好きな人は、趣味をそのまま仕事にすることができます。

工夫次第で、プロから初心者まで、自分の環境、スキルに合わせた働き方ができることが、動画編集のメリットだと言えるのです。

 

動画編集のデメリットは?

動画編集のデメリットは、以下の通りです。

  • 収入が安定しない(業務委託の場合)
  • それなりのパソコンや動画編集ソフトが必要になる
  • スキルが必要

以下ではデメリットについて徹底解説します。

 

収入が安定しない

業務委託で動画編集の仕事をする場合、報酬が安定しないという問題があります。

フリーランスや副業で動画編集をしている人も多くいますが、自分で仕事をとってきたり、自分のスキルを磨いたいたりする努力が必要となるのです。

 

良いパソコン、ソフトが必要

良質な動画編集をするためにはサクサク動くパソコンが必要になります。

複雑な動画編集をする場合は、有料で性能が良い動画編集アプリを購入することも考慮に入れる方が良いでしょう。

動画編集の作業に必要なツールは安いとは言えませんので、それなりの投資が必要なのです。

 

スキルが必要

動画編集は学歴というより、スキルが必要になる仕事です。

求人案内にも学歴は問いませんというものが多いのが特徴で、そもそも動画編集のスキルがなければ仕事ができません。

反対に言えば、スキルさえあれば学歴は関係ないのでメリットとも言えるでしょう。

動画編集の月収は?

気になる動画編集の年収は、300~400万円です。

 

求人ボックスには以下の様な情報がありました。

動画編集の仕事の平均年収は約401万円。日本の平均年収と比較すると低い傾向にあります。
月給で換算すると33万円程度が相場のようで、派遣社員やアルバイト・パートでは平均時給がそれぞれ1,698円1,010円となっています。

正社員の給料分布を見てみるとボリュームが多いのは365〜432万円の水準で、平均年収の401万円もこのゾーンに含まれています。
全体の給与幅としては298〜834万円と比較的広いため、勤務先や経験・求められるスキルによっても大きな差があると見受けられます。

引用:求人ボックス給料ナビ

雇用形態で働く場合より、プロとしてフリーランスで独立して仕事をしている人の方が高い傾向にあります。

動画編集として報酬アップを目指すなら以下の2つです。

  • ディレクターになる
  • フリーランスで独立する

会社で雇用されている人は、車内でスキルアップを目指し、ディレクターになることで、年収アップができます。

それと同時に注目されているのは、フリーランスで独立する方法です。

動画の需要が高まっているのと同時に、仕事も受注しやすくなってきましたので、スキルさえあればフリーランスで動画編集の仕事をすることも可能となっています。

 

ただあくまで、プロとして仕事をしている場合で、初心者がこのレベルになるにはコツコツ実績を積み上げ、スキルアップしていくしかないでしょう。

 

初心者でも働ける動画編集の求人からスタートして5万円稼ぐ!

動画編集の初心者にとって、初心者でも働ける求人があるかどうかは、大きな問題だと言えるのではないでしょうか?

 

動画編集の初心者は以下の様な悩みを抱えることがあります。

趣味程度で、特別に学校に通っていない人が、いきなり動画編集の仕事を始めても大丈夫だろうかと悩むのは無理もありません。

 

でも諦めないで!

 

初心者がコツコツとスキルアップし、充分な月収を稼げることもあるのです!

実際に初心者で月に5万円以上稼げる様になった人もいます。

いきなりジャンプアップするのではなく、少しずつスキルアップすることが大切なのです。

 

初心者がステップアップするコツとは?

初心者が動画編集のスキルを身につけ、最終的に動画編集の求人に応募できるためにはいくつかのステップアップを踏む必要があります。

 

ステップアップは以下の通りです。

  1. 無料動画ソフトを利用し動画編集をしてみる
  2. クラウドソーシングなどを介して作業してみる
  3. より良い案件へとステップアップしてみる

以下ではステップアップ方法について徹底解説していきます。

 

無料動画編集ソフトを利用し動画編集をしてみる

まずは動画編集に慣れてみることが大切です。

無料の動画編集ソフトをダウンロードし、実際に動画を作ってみましょう。

  • 友達へプレゼントする
  • 旅行の思い出の動画を作る
  • 卒業アルバムを作る
  • 会社のプレゼンを作る

などなんでもいいので、目標を持つと、やる気が起こります。

 

動画編集ソフトをダウンロードする時は、シンプルで簡単な操作ができるものを選び、難しい凝った動画を作らないことがコツです。

 

 

クラウドソーシングなどを介して作業してみる

ある程度動画編集に慣れてきたなら、クラウドソーシングなどを介して「初心者歓迎」の求人を探しましょう。

 

クラウドソーシング上には以下の様な案件を含んだ、数多くのジャンルが多数あります。

  • 動物の動画
  • グルメ
  • 旅行案内
  • アニメ
  • 商品の広告

その中から、自分が好きなジャンルの動画を選ぶのがコツです。

 

初めは5分ほどの短い動画からチャレンジすることを心がけてください。

初心者だと、動画案件の単価は低いですが、報酬をもらいながらレベルアップするためのステップだと思って、報酬額は気にしないことも大切です。

 

より良い案件へとステップアップしてみる

クラウドソーシングで安くて簡単な作業の案件に慣れてきたなら、次はもっとレベルアップした動画の求人を探しましょう。

これもクラウドソーシングを介して探すこともできますし、自分でSNSなどから応募することもできます。

もっとレベルが上がったなら、indeedなどの求人案内を通して応募するのもおすすめです。

動画編集は、やればやるほどコツを掴みレベルアップできます。

 

どんどん挑戦し、スキルアップすることが、初心者が動画編集を仕事にするために大切なことなのです。

 

 

今は動画編集が欠かせない時代!

今はYouTubeやTikTokなど動画発信の時代です!

子供たちの将来なりたい職業ランキングに「YouTuber」がノミネートされるなど、子供たちからの人気も高いことが伺えます。

 

面白い動画を発信するだけでなく、会社の説明会、商品の説明、講習会などもYouTubeを介して発信されるなっているのです。

 

動画発信の世界は、楽しい動画を作る時代から、生活に欠かせない情報発信の主流の場所へと変わりつつあると言っても過言ではありません。

そんな時代の流れに伴い、動画編集を募集する求人も多くなってきています。

 

まとめ

動画編集の求人を探すためには以下の様な方法があります。

  • indeedなどの求人サイトを利用する
  • クラウドワークスやココナラなどのクラウドソーシングを利用する
  • SNSを介して仕事を受注する

 

動画編集を仕事にすることのメリットは以下の通りです。

  • 委託業務でできる案件もある
  • 初心者でもできる案件がある

 

初心者が動画編集の求人に応募するまでになるステップアップとして以下の方法が挙げられます。

  1. 無料の動画編集ソフトをとにかく触ってみる
  2. クラウドソーシングの「初心者案件」に挑戦
  3. スキルアップを目指しながらより良い案件にチャレンジ

 

動画編集というとハードルが高いと考える人もいますが、自分は初心者だからと諦めないでください!

 

今はクラウドソーシングもあり、初心者でも比較的動画編集に挑戦しやすい環境が整っているので、まずはチャレンジしてみましょう!

思いがけず趣味が仕事になることもあるのです。

 

 

 

 

 

——————————————————————————————————

>>詳しくは画像をクリック!

完全未経験から動画編集を学んで稼げるようになるにはどうすればいいの?

・動画編集初心者だけど、どこで学んだらいいか分からない・・・

・動画編集のスキルを身につけて、堅実に副業で稼げるようになりたい・・・

・動画編集のスキルを身につけたけど、肝心の稼ぎ方が分からなくて困っている・・・

・在宅で大きな金額を稼げるようになって、悠々自適に暮らしたい!

・月に5万円でもいいから動画編集スキルを学んで稼げるようになりたい!

 

もしもあなたが上記のように思われているのであれば、

ぜひM・Eアカデミーの「無料動画編集LINE講座」を受講してみてください。

 

動画編集のスキルはもちろん、稼ぐために必要な情報を無料でお伝えしています。

ちまたのスクールや教材では学べない「案件の取り方」までお伝えしていますので、かなり役立つ講義となっています。

 

しかし、無料で受講できるのは今だけになります。

 

完全初心者向けに作っている講座ですので、ぜひお気軽にご登録ください。

 

→無料で動画編集で稼ぐために重要なスキルを学ぶ

初心者
makoをフォローする
M・Eアカデミー公式メディア〜動画編集のやさしい講座・スクール〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました