【副業で月5万!】動画編集スキルを無料で身につけませんか?

完全初心者に向けた動画編集スキル講座を無料で行っています

【今だけ無料!】動画編集講座~準備編~の詳細はこちら

【初心者必見!】未経験者が動画編集を在宅で受注するためには?

初心者

「未経験者でも動画編集を在宅で受注できるようになるの?」

「動画編集の仕事を在宅でするとしたら収入はどれくらい?」

「動画編集の在宅の仕事はどうやって見つけたらいいの?」

と考えていらっしゃいませんか?

 

この記事では、動画編集の仕事を在宅で受注するための方法や、収入の目安、スキルの身につけ方について徹底解説します。

 

 

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

動画編集を在宅でやる方法とは?

結論から言うと、未経験者でも動画編集を受注し、在宅で仕事することは可能です!

もちろん未経験者が初めから独学で動画編集を勉強し、独立するのにはかなりの努力が求められますが、不可能ではありません。

 

実際に、趣味として動画編集をしていた人の中には、技術をスキルアップさせ、月収30万円以上稼いでいる人もいます。

動画編集で高額を得ている人について知りたい方は、こちらの記事を参考にされてください。

 

 

動画編集を在宅でやる方法は大きく分けて2つあります。

  • どこかの会社と雇用関係を結びリモートで働く
  • フリーランスで働く

次項ではそれぞれの方法の詳細や、メリット、デメリットについて紹介します。

 

会社と雇用関係を結びリモートで働く

どこかの会社と、バイトやパート、もしくは正社員として雇用関係を結び、リモートとして働く方法があります。

リモートで働く場合の多くは、まずオフィスに出勤し、会社で仕事内容を習得した後で、リモートの仕事を任されるケースが多いようです。

 

はじめにオフィスで働くことで、初心者でも動画編集のスキルが身につくメリットがあります。

また雇用関係にあることから、収入も安定しているのもメリットと言えるでしょう。

 

反対に、リモートとして在宅で仕事をするのに、会社側の理解や許可が必要となります。

自分のペースで自由に在宅業務ができないことが、デメリットと言えるでしょう。

 

フリーランスとして働く

フリーランスの形で仕事をする場合は、自分で仕事を受注し、動画編集の仕事を在宅で行います。

自分の責任で仕事を果たす必要があるので、ある程度、動画編集のスキルを持っていなければなりません。

 

オフィス通いをする必要がなく、会社や上司の許可もいらないので、堂々と在宅で仕事ができるメリットがあります。

反対に、自分で営業する必要があることや、収入が安定しないことがデメリットと言えるでしょう。

 

動画編集を在宅でやるメリットとデメリットとは?

在宅で動画編集をするメリットは、次の通りです。

  • 子育て中で家から出れない時でも在宅で仕事が可能
  • 自分の自由な時間で作業ができる
  • ネットがつながっていればどこででも仕事が可能

 

デメリットは次の通りです。

  • 自己責任で仕事をする必要がある
  • 簡単に人に聞けない

 

次項では、メリット、デメリットについて具体的に解説します。

 

在宅で動画編集の仕事するメリットとは?

子供の急病の預かり先が心配だから、オフィス勤めは遠慮しているなど、やる気やスキルはあるけれど、子育て中で、家から出られないママはたくさんいます。

子育て中のママたちにとって、自宅で仕事をできるのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

ママだけでなく、勤務時間に縛られないので、自分の好きな時間帯に働くことが可能です。

ネットがつながっていれば仕事ができるのも大きなメリットと言えるでしょう。

 

田舎に引越し、自分の好きな趣味を楽しみなが仕事をすることも可能となります。

例えば、朝はサーフィンを楽しみ、その後仕事をして、夕方もサーフィンを楽しむなど、自分のライフスタイルに合わせた仕事ができるのです。

 

在宅で動画編集をするデメリットとは?

在宅で仕事をすると言うことは、自己責任で一人で作業を行うと言うことです。

動画編集ソフトの使い方がわからなくても、編集の仕方でアドバイスが欲しくても自分で解決しなければいけません。

 

スケジュール管理や取引先とのやり取りなども含め、自分の責任で行う必要があるのです。

 

動画編集の案件とは?

雇用関係を保ちながら在宅で仕事をする場合と、フリーランスで在宅勤務をする場合では、仕事案件の探し方が違います。

雇用関係を保ちながら在宅の仕事を探す方法:求人サイトを検索すること

フリーランスで在宅の仕事を探す方法:求人サイト、クラウドソーシング、SNS

次項ではそれぞれの方法について具体的に説明します。

 

求人サイトで検索する方法と具体的な案件内容を解説!

求人サイトで案件内容を検索する場合、次のような求人サイトがおすすめです。

それぞれの求人サイトは、全国の求人を簡単に検索できるメリットがあります。

動画編集未経験者でも可能なのか、オフィスワークのみの求人も可能なのか、在宅ワークができるのかなどの条件を絞って、調べるとより効果的です。

 

具体的には以下のような案件があります。

YouTube 動画編集/クリエイター(リモート勤務)

【職務内容詳細】
様々な業種のYouTubeにアップする動画の作成をお願いします。
お手持ちのソフトにて、テロップや素材、

BGMを組み合わせて30秒ほどの動画を編集していただきます。
作成ソフトは自由です。

 

【独学OK!】動画編集・映像制作クリエイター【正社員登用あり】

仕事内容

自社で使用する映像コンテンツの制作・編集業務を担当していただきます。

(取扱商品のPVやCM、オンラインセミナー用映像、商品付属の取扱説明DVD用映像など)

時給:1200円~

引用:indeed公式ページ

このように、在宅勤務でも可能な雇用案件や、オフィス勤務での雇用など、さまざまな案件がありますので、自分の条件に合ったものを見つけることができます。

 

 

クラウドソーシングで検索する方法と具体的な案件内容を解説!

クラウドソーシングを利用して、動画編集の在宅勤務を探す場合、以下のサイトがおすすめです。

上記3つのクラウドソーシングは日本大手のクラウドソーシングです。

たくさんのクライアントが登録し、案件を募集していますがその中には動画編集の募集も含まれています。

 

クラウドソーシングの場合、プロが編集するほどの大きな仕事から、未経験者でも可能な比較的簡単な仕事の案件と幅が広いことです。

もともとスキルがあり独立したばかりの人が動画編集の案件を探したり、未経験者が案件を探したりすることが可能となります。

 

具体的には次のような案件があります。

【1本2000円〜】Youtube用の動画編集!経験者の方、大歓迎!

【動画編集のポイント】
・動画と音のフェードイン・アウト
・字幕の挿入
・動画にあったBGMの選定
・ナレーションボイスとBGMの音量調整

 

【継続依頼】YouTube動画編集(10分前後の動画・カット済)

・1本あたり約10分の動画で、カット済データを渡しますので、その編集をお願いします。
・ 編集ソフトは「Adobe Premiere Pro」の指定となります。
・テロップ・タイトルの追加
・背景・BGM・効果音・写真の追加
・エフェクト・アニメーションの追加

報酬額 〜5000円

 

【未経験者歓迎】【5分程度の動画編集】YouTube動画

【 依頼内容 】
こちらで用意した動画素材(ppt)を編集してください。
また、サムネイル画像も作成してください。

報酬:1000程度

引用:クラウドワークス公式ページ

上記のように、プロ向けの編集ソフトまで指定している案件や、素人向けの簡単な案件など幅が広いので、自分に向いている案件が見つかりやすいでしょう。

 

 

SNSを通じで在宅の仕事を受注する方法とは?

Twitter、Facebook、InstagramなどのSNSは、情報交換するだけでなく、営業するためのツールとしても効果的です。

SNSを通じて、自分が動画編集案件を受注していることを伝え、ポートフォリオを一緒に貼り付けておくなら、興味を持ったクライアントが連絡をくれることがあります。

 

反対に、クライアント側がSNSを通して外注したい案件を発信していることがありますので、自分からアプローチをかけるのもいいでしょう。

 

動画編集に求められるもの

動画編集の仕事をする際に求められるものは、以下の通りです。

  • 動画編集スキル
  • 体力と集中力
  • 資格は特にいらない

次項では、動画編集に求められることについて具体的に解説します。

 

動画編集のスキル

当然ながら動画編集のスキルは必要です。

カット、テロップの挿入、BGMの挿入と言った基本的な操作を行える必要があります。

最低限の作業ができるなら、広告動画など簡単な仕事が可能となるでしょう。

 

 

体力と集中力

ずっと細かい作業を行い続けなければなりませんので、体力と集中力が必要となります。

動画作業をするためには、長時間パソコンと向き合わなければなりません。

 

例えば、10分動画のテロップ挿入作業だけでも、平均3時間かかると言われています。

もちろん動画編集はテロップ挿入だけでなく、カット、BGM挿入などの作業も伴いますので、合計すると膨大な時間が必要となることは想像に難しくありません。

 

そのため、一定時間、集中して作業できる集中力や体力が必要となるのです。

 

資格はいらない

動画編集の作業をするのに、資格は必要ありません。

スキルさえあれば誰でも挑戦できる職種ですし、動画配信による広告収入が上がってきていることから、将来性がある職種だと言えます。

スキルさえあれば、動画編集の仕事にチャレンジできるのです!

 

動画編集に必要な具体的なスキルとは?

動画編集をするのに必要な具体的なスキルは、以下の通りです。

  • カメラのスキル
  • ソフト編集のスキル
  • 営業のスキル

次項では、それぞれのスキルについて具体的に解説します。

 

カメラのスキル

動画編集者にとってカメラのスキルも大切です。

 

クライアントによっては、動画編集の素材となる動画を用意していることもありますが、場合によっては撮影から行う必要があります。

 

もちろんプロのような動画が撮れなくても大丈夫ですので、せめて動画の素材としてふさわしい動画撮影をできるコツを抑えましょう。

動画編集にふさわしい動画を撮るコツは次の通りです。

  • 手ブレ防止
  • ズームは使わない
  • 10秒程度の動画をたくさん撮る

 

手ブレした動画はかっこ悪いので、手ブレしないように注意することが大切です。

具体的には三脚を利用するなどして、カメラ(もしくはスマホ)を固定して撮影しましょう。

 

スマホやカメラのズーム機能の性能はいいですが、動画編集のための撮影には使わないようにしましょう。

動画編集ソフトに入れ込み、編集すると、ズームにした画像の質が悪くなるからです。

ズームにしたいのなら、編集機能のソフトを使って調整するようにしましょう。

 

長時間の動画を撮るのではなく、10秒程度の動画をたくさん撮ることをおすすめします。

動画の長さが短い方が後にカットする時に編集が簡単になりますし、動画編集で使いやすいからです。

 

ソフト編集スキル

動画編集ソフトを使いこなすスキルが必要となります。

特に動画編集で仕事をしたいのであれば、「Adobe Premiere Pro」は避けては通れないソフトです。

 

多くの動画編集の案件では、クライアントが「Adobe Premiere Pro」の使用を指定してくるケースが多いからです。

クライアントによっては、使用する動画編集ソフトを指定していないこともあるので、自分が使いやすいソフトを使ってまずはチャレンジするのもいいでしょう。

 

ソフトについて知りたい方はこちらのサイトをご覧ください。

 

 

ビジネスのスキル

どれだけクオリティの高い動画編集ができる場合でも、クライアントとやりとりをスムーズに行えなければ仕事ができません。

 

営業のスキルを持っていることが大切です。

例えば、クラウドソーシングを介して仕事をする場合、以下のようなことを心がけましょう。

  • プロフィールをしっかりしておく
  • 提案文などをわかりやすく書き、クライアントと丁寧なやりとりを心がける
  • 連絡は常にしっかり取れる状態にしておく
  • ポートフォリオなども準備する

在宅で動画編集を目指す人に限ったことではないですが、上記のように、社会人として常識のある行動を心がけることが大切です。

 

動画編集の年収は?

動画編集を仕事にしている人の年収は平均400万円です。

もちろんキャリアがある人は、600万円ほどの収入を得ることもあります。

 

フリーランスで動画編集をする人の収入額もその人のスキルによって異なります。

実力があり、有名な人気編集者は一本の動画編集を数百万円の額で受注することがあるため、実力者は、年収1000万円を超えることも珍しくありません。

 

ただ、普通に働いている人の収入額は300~400万円の間と見た方がいいでしょう。

クラウドソーシングのみで仕事を受注している人の報酬額はもっと下がります。

 

動画編集の習得の仕方

初心者が動画編集スキルを身につける方法は、大きく分けて2つあります。

  • 独学で勉強する
  • オンラインスクールに通う

どちらもメリットデメリットがありますのが、次項では具体的に解説します。

 

独学で学ぶ

YouTube動画や、Webサイトを利用してするなら、無料で学ぶことが可能です。

特にYouTubeは、動画を見ながら自分も同じ操作をしながら作業を進めるという方法を取ることが可能なので、作業を習得しやすいというメリットがあります。

 

初心者向けの基本動作から、上級者向けのテクニックまでさまざまな説明があるので、自分のレベルにあって利用しましょう。

 

オンラインスクールに通う

動画編集の作業を習得するためのスクールがありますので、活用するのもおそすめの方法です。

特に動画編集作業で高額稼ぎたいという目標がある人は、短期間で高いクオリティの動画編集テクニックが身につきます。

 

しかし、料金が必要なので、広告動画などの簡単な動画編集でそこそこの報酬を得ようと考えている人は、独学でも十分な技術が身につくでしょう。

 

まとめ

動画編集を在宅で受注する方法は大きく分けて次の2つです。

  • どこかの会社と雇用関係を結びリモートで働く
  • フリーランスで働く

 

動画編集を在宅でするメリットは以下の通りです。

  • 子育て中で家から出れない時でも在宅で仕事が可能
  • 自分の自由な時間で作業ができる
  • ネットがつながっていればどこででも仕事が可能

 

動画編集を在宅でするデメリットは以下の通りです。

  • 自己責任で仕事をする必要がある
  • 簡単に人に聞けない

 

在宅で動画編集の案件を受注する方法は次の通りです。

  • 求人サイトで探す
  • クラウドソーシングで探す
  • SNSを利用する

もちろん動画編集を在宅でするためにはそれなりのスキルを持っている必要があります。

スキルを習得するには、時間も労力もかかることを覚悟しなければなりません。

 

しかし、最近は在宅で仕事をし、今まで通勤時間にかけていた時間を自分の趣味の時間や、家族と過ごす時間に当てることが見直されてきているのも事実です。

動画編集はスキル次第で、在宅で仕事をすることが可能な職種ですので、在宅で仕事をしたい人にぴったりと言えるでしょう。

 

 

——————————————————————————————————

>>詳しくは画像をクリック!

完全未経験から動画編集を学んで稼げるようになるにはどうすればいいの?

・動画編集初心者だけど、どこで学んだらいいか分からない・・・

・動画編集のスキルを身につけて、堅実に副業で稼げるようになりたい・・・

・動画編集のスキルを身につけたけど、肝心の稼ぎ方が分からなくて困っている・・・

・在宅で大きな金額を稼げるようになって、悠々自適に暮らしたい!

・月に5万円でもいいから動画編集スキルを学んで稼げるようになりたい!

 

もしもあなたが上記のように思われているのであれば、

ぜひM・Eアカデミーの「無料動画編集LINE講座」を受講してみてください。

 

動画編集のスキルはもちろん、稼ぐために必要な情報を無料でお伝えしています。

ちまたのスクールや教材では学べない「案件の取り方」までお伝えしていますので、かなり役立つ講義となっています。

 

しかし、無料で受講できるのは今だけになります。

 

完全初心者向けに作っている講座ですので、ぜひお気軽にご登録ください。

 

→無料で動画編集で稼ぐために重要なスキルを学ぶ

初心者
makoをフォローする
M・Eアカデミー公式メディア〜動画編集のやさしい講座・スクール〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました